日記画像スズメ

2022年5月→6月

5月31日

photo

雨に紫陽花。今日は寒い。昨日の暑さが嘘のよう。

photo

仕事のあと銀座へ。数寄屋橋周辺は紫陽花が多い。

photo

銀座のユニクロの前にも大きな紫陽花。雨が止んだ。

photo

マルイの地下でドーナツとアイスコーヒー。

photo

植え替えた山椒。いまのところ元気。もう少し家の中で様子見。明日から6月。早いな。前年度の予算に対する監査の準備が始まったようで、質問や提出物の依頼が多い。厄介だ。もう6月なのに。

5月30日

五月が終わる

photo

あと2日で五月が終わる。大好きな五月が。3匹目のイモブーがサナギになった。

かに道楽

photo

ランチは上野のかに道楽でコース料理(8000円)。上司のおごり。

photo

ホジホジ。カニの身をホジホジしてくださいって。商標登録。

photo

もう少し食べられそうだった。一品が少なめ(お上品)。

photo

焼きカニ。

photo

寿司。

photo

抹茶を・・・・。

photo

アイスクリームにかけてくれる。苦い!でも美味しい。

photo

グッズ。

photo

靴下。両足を揃えるとカニになる。

photo

店を出て職場まで歩く。暑い!ふらふら。

photo

着いてからはとにかく仕事。今日は忙しかった。カニのおかげで頑張れた。上司よ有難う。

5月29日

掃除

photo

朝から掃除。ベランダはミカンとレモンをそれぞれ集めて配置。山椒はしばらく家の中。

photo

家の暗い場所から明るいベランダを見るのが好きだ。

photo

スズメは子育てで忙しそうだ。水をのみ、砂浴びをしてすぐに帰る。

photo

16時に家を出て錦糸町へ。母親と待ち合わせ。向こうは仕事なので時間ははっきりしない。予定より遅くなるというので駅前でコーヒー。

photo

合流してイタリアンの店に向かう。しかし、満席と書いてあった。残念。少し歩いてスペイン料理の店に入った。

photo

サッカーの映像を流していたので若い人の店なのかもしれない。空いていて良かった。

photo

母親は地ビールの大ジョッキ。すごいな・・・。元気だな・・・。

photo

マッシュルームのアヒージョを気に入っていた。この焼き野菜も美味しかった。目的の店には入れなかったけど良い店を見つけた。

photo

夜8時の錦糸町。いつもよりは静か。

photo

バスで帰る。20分待って乗車。いつもより遠回りのルート。そんなに飲んでいないのに調子が悪くなってきた。家にいると飲まないせいかもしれない。

5月28日

植木鉢

午後、介護先のベッドシーツの交換に行った。その前にベランダのユズの植替え用の植木鉢を買いに行った。自転車でまずニトリ。ニトリには観葉植物用の鉢しかなかった。次はイトーヨーカドー。ここにもなかった。介護先の先にある島忠でようやく購入。疲れた。シーツの交換後、介護食を整理。胃ろうになってしまったので使わなくなった。賞味期限が近いものや切れているもので、高カロリーのゼリーやジュースを持ちかえることになった。食欲のない時にはいいかもしれない。皆が本当に大変な思いをした高カロリー食品。なんとか食べてもらおうと必死だった。本人が口を開けない、飲み込みがうまくいかない時は焦ったものだ。胃ろうになって栄養はとれているが、それでいいのか・・・という気持ちにもなる。昨日は熱が高く脈も速く、看護師が慌てて医者を呼んだ。肺炎ではなさそうだが抗生剤を出してもらうことになった。数字でしか判断できないところが厳しい。本人が一言でも「暑い」「苦しい」と言ってくれればな。今日は熱はなく目も開いていて脈も安定。良かった。仏間の掃除をしてご飯を食べて帰宅。明るいうちに帰ってこようと思っていたがそうはいかなかった。なので掃除機は中途半端なまま。明日にしよう。アマゾンで「君に読む物語」を見て泣いていた。この映画は今はなき銀座シネパトスで鑑賞した。思い出深い映画だ。

photo

川の近くは少しだけ涼しい。

photo

古い土を回収してくれるらしい。ゴミでだせないから困る。

photo

疲れたけど清々。植木鉢3つ。大量の介護食など、すごい荷物を持って歩いた。

photo

介護食。味は悪くない。

5月27日

レイ・リオッタ

ネットのニュースでレイ・リオッタの訃報を知った。驚いた。なぜなら、昨晩アマゾンで「フィールド・オブ・ドリームス」を見ていたからだ。ラスト20分くらいのところから見た。ちょうどシューレス・ジョー役のレイ・リオッタからの場面だった。青い瞳でニヤニヤしながら主人公に「それを作れば彼は来る」と言う。その謎の言葉の意味がわかってからラストまで泣いた。この映画が好きで何度も見たが、昨晩ふと、ラストを見たくなったのだ。レイ・リオッタは青くぎらついた瞳が印象的で二枚目ではないが、何を考えているかわからない、凶暴さを秘めた表情が魅力的だった。WILD HOGS(「団塊ボーイズ」という邦題もどうかと思ったが、爺さんたちの集客には役立つのか?)でも見てみようかな。この役のレイ・リオッタはオッサン不良ライダーで、ラスト、泣くシーンがあったように思う。それを確認したい。

photo

八重洲の黒塀にあるダンチュウ食道。雑誌dancyuがプロデュース。並んでいた。ストレッチに行った。若いスタッフが多いので元気なのはいいのだが声がでかい。客のお喋りにつきあっているのかもしれないが、身体のどこが動いているのか集中しないとストレッチは意味がないと思うのだが。先週もうるさかったので、あと3回くらいでやめとこうかなと思う。ストレッチの効果は感じている。

5月26日

介護先経由で出勤

photo

今朝も早起き。介護先へ向かうため自転車を借りた。途中で尻が痛くなったので降りてバス。しかし思っていた経路からはずれてどんどん住宅街へ。また大通りに戻るだろうと思ったがそうはいかなかった。時々見かけたバスなので当然元の道に戻ると思ったが、行き先表示は同じでも経路の違うバスがいくつか出ていたようだ。慌てて降りてタクシー。スイカで払おうとしたら運ちゃんが操作を誤って現金処理になった。5千円を払ったらお釣りがないという。だから要らないとまで言うので、近くのコンビニで少額の買物をして払った。こういう日はうまくいかないことが続くものなのだ。降りてダッシュ。熱が37.4。9時にヘルパーさんが来たので仏間に引っ込む。この掛け軸には小さい穴が開いている。動かした際、テーブルの端にぶつけてしまったのだ。

photo

錦糸町まで今日はバス。駅ビルのタリーズでカフェラテ。「ラテマネー」なる言葉がある。少額の無駄遣いの意味を持つ。コンビニでジュース、カフェでコーヒーなど、ATMでの不要な手数料の支払いもその中にはいる。要は金がたまらない人の特徴は少額の買物を気にしないことも一つであることらしい。数年後に大きな差が出るということだ。よくわかる。昔はカフェなどに入ることはなかった。でも今はこの小休止を楽しんでいる。そしてそれが過剰になっている。

photo

昼も同じ駅ビルで。職場に向かう。アメリカ出張から帰ってきた人が顔を出した。会議場ではマスクをしている人が多かったが、空港やカフェではマスク人口は少なかったようだ。今回、濃厚接触者になったことで色々学んだということだ。土産をたくさんもらった。

photo

同僚が池袋の東武デパートで開催されていた「昭和レトロな世界展」に行ってきた。面白い写真をたくさん見せてくれた。土産の型抜き。昔、紙芝居屋が神社に来て、紙芝居を見せる前にガキどもに色々売りつけていた。型抜きをやって成功するとソースせんべいをもらうことができた。繊細な動作を求められるところは針を使ったものだ。懐かしい。

photo

久しぶりの合成着色料。

photo

帰り、聖橋の上から御茶ノ水駅を見る。

photo

反対側の総武線が入ってくると途端に狭くなる。早くここを広げてくれ。

友達にすすめらて視聴したドラマ「ハートストッパー」を見終えた。差別や偏見はもちろんあるけれど、丁寧な心理描写とポップな画像表現で明るく希望にあふれている。え、ここでもう終わり?とガッカリ。

5月25日

都バス

今朝も早起き。いつも使っているバスの経路が少し変わった。「ここでなぜ停まる?」と思う停留所に停まる。そこから誰も乗ってこないし降りもしない。この経路が広く知れ渡ったら利用者が増えるのだろうか。一度こうなると1,2年で見直すということはないだろうから、様子を見守りたい。今日はサクサク仕事が進んだ。もう少し進めたかったが今日の夕方は配当を受け取ることになっているので続きは明日にした。行く前に上野松坂屋でアップルパイとコーヒー。配当を受取り親戚とお喋り。ハーブ柑とバームクーヘンをもらった。このハーブ柑、名前も昨年はじめて聞いた。自分は酸っぱいものが大嫌いなので、見た目が夏ミカンそのままのハーブ柑には失望したが、食べたらさっぱりしているし甘い。すごく気に入ったので、今年も貰えて良かった。

photo

上司のパソコン画面に青空が映っていた。今日は暑い。

photo

余計な糖を摂取。

photo

バスを降りて家まで歩く。この道を何度歩いたことだろう。

photo

怒りをため込みながら歩いたことや、へとへとになって歩いたことも。今日は平和な気分。

5月24日

夏日

今朝は東京駅からバス。駅の中で弁当を買った。駅前の広場に修学旅行生。いよいよ動き出したか。職場の敷地内にあるスタバでアイスコーヒーを買った。スタバはどこもどの時間も混んでいるのでめったに行かないが、5000円分のカードがあったのでテイクアウト。ミツバチが狭い場所に集まっていた。巣があるのかもしれない。後日、確認しよう。今日はやることがたくさんある。途中で色々思い出すと、ついそこに手をつけようとしてしまう。新しい予算の計画表を作り、使用ルールを確認したり、雇用している人の実施報告書を作ったり、コロナで出張から帰ってこられない人の手続きをしたり、あれやこれや。最近、夜に足がつるので長時間座ったままにならないように注意している。仕事がたてこんでくると休憩を忘れてしまう。弁当を食べ、数独をやる。上司が出かけたので一人のんびり。帰りは少し歩こうかなと思ったが早く帰ることにした。

photo

修学旅行生の集合場所にぴったり。

photo

ここで飲むのも悪くない。朝だからまだそれほど暑くないし。

photo

3匹で完食のレモン。

photo

やっと腹いっぱいになったのか1匹がサナギ準備。丸くてかわいい。

photo

玄関側の萩。順調に葉を増やしている。玄関側は暑すぎずにいいのかもしれない。

photo

玄関側のオリーブ。花が咲いて下に花粉が落ちている。

photo

夕焼けに間に合った。

5月23日

朝の自転車

photo

昨晩は寝つけなかった。たぶん2時間くらいしか寝ていない。今朝は介護先経由で仕事に行く。アプリで近所の自転車を調べる。月曜日の朝は、週末の利用者が多いので電池の残量が少ない自転車が増える。でも今朝はまあまあの自転車が数台残っていた。7時前に借りて介護先へ向かう。この時間は涼しくて快適。スイスイ進む。到着後、すぐに体温を測る。37度。少し様子見。吸引。ヘルパーさんが来たので仏間に引っ込む。10時半に出て歩いて錦糸町へ。マルイの上で早めのランチ。若い力士が二人、入ってきた。このへんは相撲部屋が多い。総武線で御茶ノ水に出る。バスが来るまでの10分が暑かった。在宅勤務の予定だった同僚がいた。少し喋ってから帰った。上司と色々話す。上司の会議が始まった。オンライン会議の内容がくだらなすぎて気の毒になった。今日はやることが多かったが半分以上積み残した。明日、ゆっくり丁寧にやるつもり。

photo

徒歩25分。この天気なら歩いてもいいけど、これからはだんだん暑さがきつくなる。

photo

バスだと停留所3つ。200円払うのは惜しい。

photo

大阪にしかいないと思ったら大間違い。錦糸町にも獣をまとう人がいる。

photo

つな八で天ぷら定食。

5月22日

青空

photo

雲は多いがいい天気だ。

photo

自転車を借りて介護先へ向かう。

photo

途中の公園。サギがたたずんでいた。人の近くでも気にしていないので子どもかもしれない。足元には亀がいっぱい。

photo

介護先に1時間半ほど滞在。熱があった。アイスノン。呼吸が少し早い。一時間ほどで落ち着いた。退院してから今日で2か月。

photo

帰りも自転車を借りた。遠回りする。

photo

1年ほど通った中学校の裏の橋を渡る。ガキの頃は暗い橋、高い堤防などで怖い場所だったが、堤防はなくなり遊歩道が整備されどこまでも緑道が続いていた。変われば変わるもんだ。

photo

街づくりが進んでいた。小学生の頃に何度も通った交通公園もあった。作り物の信号や踏切があるので交通ルールを学べる。すごく広く感じたのに、驚くほど狭かった。自転車のサドルの向きが少しおかしかったので、尻が痛い。

photo

明朝も介護先へ行き、ヘルパーさんが来たら交代して職場へ向かう。イモブーがデブになってきた。そろそろサナギになってもよい頃だ。

5月21日

のんびり

photo

イモブーが脱皮。今日はのんびりだ。掃除をしたり本を読んだり。雨が降っているので洗濯はできない。昼寝もした。18時からオンラインで乾杯。今日は3時間半も喋っていた。家で飲むことにも慣れたし快適。たまに外に行きたくなるが、行ってはいけません!と言われればそれでも大丈夫そうな気がしてきた。スシローに行きたいという話をした。タブレットでの注文など、誰かと一緒の時に学びたい。

5月20日

ストレッチ

在宅勤務。アメリカでコロナ感染した人の帰国が延びそうだ。

photo

昨日買った山椒を分けた。

photo

今日はストレッチ。次の5回分を購入。もう少し続ける。若いスタッフが多いので、声が大きい。私の担当者は若いけど静かでいい。東京駅の八重洲地下街の喫煙室。並んでいる。

photo

大丸の中にある英国屋でワッフル。珈琲は一杯おかわりできる。

photo

夜は寿司屋。早い時間だったので空いていた。

photo

窓際の席。歩いている人がよく見える。金曜日の夜ということで少し緊張したが、人通りは少ない。店は大変だが客の方は少し安心。

photo

7時前なら大丈夫だろうとビリヤードへ。こちらも空いていた。帰る頃にグループで入ってきた。ビリヤードやダーツは遅い時間の方が混む。8時過ぎに解散。ちょうどいい。

photo

賑わっているように見えるが実際はそうでもない。駅周辺にはおまわりさんが多い。バイデンさんが来るからかな。

5月19日

暑い

職場の窓を全開。ドアも開け放し。いい風が入ってくる。アメリカに行った人が現地の検査でコロナ感染。偽陽性の可能性もあるが・・・。何度か検査を受けてみるようだ。予定が狂うのは仕方ない。こういう可能性も考えていたわけだし。色々ある。帰りに職場近くで自転車を借りた。地下鉄の駅の近くにある八百屋まで行った。昨年もここで山椒の鉢植えをかった。オバサンの言い値。

photo

混みすぎているのですぐに植え替えるつもり。

photo

御茶ノ水駅へ向かう途中、少し遠回りをして「元町公園」へ。一度来てみたかった。近いからいつでも行けると思って何十年も経ってしまった。

photo

小さな公園だが高低差が大きい。眼下に線路と神田川が見える。

photo

子スズメ。

photo

借りた自転車と買った山椒。御茶ノ水駅で返却して帰宅。

photo

イモが脱皮していた。家の中に3匹。

5月18日

休み

朝10時過ぎに家を出て郵便局で小切手の入金。有楽町のビックカメラで弾圧ストッキングを購入。足が攣るので日中に履いてみようと思う。ランチはマルイの地下で牛タン定食を食べようと思っていたが、隣の韓国料理屋に入って石焼ビビンパとチヂミを食べた。隣のオバサン二人の会話が面白かった。「この前、自分の顔を見たらビックリ。皺とシミがすごいのよ」「あなた、皺なんてないじゃないの」「あるわよ、まあ、結構手入れはしているけどね・・・」という具合。地下を歩いて日比谷シャンテへ。ル・タンで足裏マッサージ。「弱めで」とお願いしてもだいたい強くなる。「芯まで届いていない」と言われたが、これ以上強いのは無理。シャンテの中をブラブラ。地上に出てブラブラ。銀座4丁目のヨシノヤに向かう。前回の担当者が不在。別の人が対応してくれた。いくつかバッグを出してもらった。写真で見た時は全く興味のなかったバッグが、持ってみるとなかなか良い。素材がかわっていてイッセイミヤケがこの生地で服を作ろうとしたらしいが、織りが複雑で無理だったという話も聞いた。今回も4階の喫茶でコーヒーをご馳走になった。次はタバサ。インナーとTシャツを購入。店の人と色々喋った。次はユニクロ。UVカットの長袖をさがした。昔はこの季節になると長袖は売っていなかったが、今は日焼けを嫌がる人が増えたのか、UVカット関連の衣類が増えてきたので有難い。しかし白が在庫切れだった。三省堂でアイスランドの警察小説の最新刊が出ていたので購入。イトシアの椿屋珈琲で休憩。隣の席(テーブルは別だがソファーを共有)のお爺さんが気になった。小さなスーツケースのキャリーバーのところに布団バサミがくっついている。モゴモゴと何か喋っている。本を読んでいると思ったら背中を丸めて何かゴソゴソ作業をしている。席を立った時に見たら「おばあさん」だった。有楽町の花屋で山椒を見つけたが、帰りには売れていて残念だった。今日は6時間ほどランチ、マッサージ、買物と街をふらついて楽しかった。

photo

早めのランチはいつものこと。

photo

日比谷シャンテの栗原はるみのカフェ。自分が行く時間はいつもガラガラで心配していたが、大丈夫そうだ。

photo

日比谷シャンテの3階にムーミンカフェ。

photo

数寄屋橋公園。日陰に人が集まっていた。すごく暑い。

photo

ヨシノヤのカフェ。今回もご馳走になりました。ありがとうございました。

photo

細長い店内。

photo

銀座のユニクロはいつも混んでいる。

photo

高架下に新しい店がたくさんできていたが、入っているのだろうか。

photo

買ったバッグ。ふだんなら選ばない色と柄だが、実物を見て変わった。

photo

これから夏までたくさん使おう。

photo

休みに街をブラブラするのは好きだ。昔は遠くへ行きたかったし、行ったことのない場所に行きたかった。

5月17日

曇り

職場に着いたら上司がいなかった。上司に頼んでいた推薦状の締切が12時なのだがまだ届いていないという電話があった。今は11時。一体どこにいやがるんだと電話をしたが繋がらない。メールで「あと30分くらいでできるのか、やる気があるのかそれだけでも教えてくれや」とメール。「やっている」とだけ返信があった。11時50分に無事(?)に終了。在宅勤務のはずの同僚が顔を出した。出勤しないと出来ない仕事が急に降ってきたと言っていた。昼は別の部署の子も顔を出し3人で笑い話。上司が戻ってきたが今度はこちらが出かける時間。介護先へ向かう。その前に配当の小切手を受取りに行ってお喋り。雨が降ってきた。今日は傘をささずに済むかと思ったが残念。介護先に30分滞在。ヘルパーさんが来た。挨拶だけして帰宅。

photo

葉っぱの一部になっているイモブー。

photo

美しい緑。

photo

緑の小路。

photo

紫陽花。これくらいの時もカワイイ。

5月16日

介護先経由で出勤

朝6時半に家を出て介護先へ。今日はタクシーを使った。熱は37.3。アイスノンを使う。1時間後も同じ体温。少し焦る。朝9時に37.1。ヘルパーさんが来た。熱のことを気にし過ぎるなと言われた。確かに。自分は平熱が低いので37度でも驚いてしまうのだ。10時過ぎに出て小雨の中、錦糸町まで歩く。駅ビルのタリーズでコーヒーを飲み早めのランチ。今日はタイ料理。総武線で御茶ノ水へ。雨でバスが遅れていた。ちょうど乗れて良かった。

photo

ガパオライスに春雨サラダをつけた。これがすごく辛かった。でも美味しかった。水をピッチャーで持ってきてくれたので助かった。

photo

帰宅後、ベランダをパトロール。種が飛んで育ったキンギョソウ。

5月15日

定義の難しい関係者

連絡先はわかっている、という繋がりは保ちつつも実際、タイミングが悪かったせいで10年くらい会っていない「友人」がいて、会うとちょっと言い合いになったりもしたので正直、会わないことで繋がりが保てているのか?という「友人」がいる。大学の時につきあっていた彼氏の友人。別れた後も、なんとなくこの「友人」とは気が合っていた。よくドライブに連れて行ってくれた。就職した会社が神楽坂にあったので、朝、その人の家に寄ってお茶を飲んでから出勤したりもした。古くて大きい家だったが改築してオシャレな豪邸になった。その家にも遊びに行ったことがある。若い頃は仕事を色々変えて、話題にするたびに「あ、その仕事やめた」と言うのが面白かったり。でもここ10年以上は同じ仕事をしてそれなりの立場になっている。そのへんも会って確認するまではわからないが。お互い自分や相手の事情に興味がなく、目の前の話題がほとんどでそこから言い合いになったりするわけだ。気難しさの方向が似ているのでなかなか和解できない。だけどまたなんとなくお喋りをする、といった感じ。その人に近いうちに会うことになった。老いてますます頑固になったことを確認する羽目になるのか、老いてますますどうでもよくなって気楽につきあえるのか。お互いの老いがどちら側に転ぶか確認したい。

三越

介護先へ向かう。来客中なので帰る頃を見計らって自転車でゆっくり遠回り。見舞いに来てくれた人は88歳。足はしっかりしているが、食べることがしんどくなってきたと言っていたらしい。噛んで飲み込むのが辛いなんて考えられないが、老い方は人それぞれ。介護先に到着。客に出すはずだったどら焼きを食べた。日本橋三越に行きたかったので都営新宿線を思い浮かべたが、「あ、そうか、10分歩けば住吉じゃん。そこから半蔵門線に乗れば3駅じゃん!」と気づいた。昔は地下鉄の路線図が頭に入っていたのにすぐに思い出せなかった。

photo

自転車で遠回りをしている時に見つけた。オルレアという花のようだ。

photo

お客さんが持ってきてくれた手作りオカンアート。

photo

カーテンにしがみつかせるのが正解らしい。中に洗濯バサミが仕込んであるようだ。

photo

ティッシュケース。ザ・オカンアート。

photo

いつもベランダから見ている貨物の線路。

photo

点検中らしい。人の気配のまったくない線路なので、ちょっと面白かった。

photo

半蔵門線で三越の地下に到着。ロビーは相変わらず豪華。

photo

買物はせず、ロビーをブラブラしてから東京駅へ向かう。裏道は楽しい。

photo

牛のオブジェが置いてあるバー。

photo

高速道路のせいで台無しになっている川。

photo

常盤橋タワー。

タリーズで本を読んでから帰宅。

photo

10日ぶりのイソヒヨドリ。明日は朝早く介護先へ行ってから出勤する予定。

5月14日

ダンゴムシ

ナスのへたを置いたら、もぞもぞとダンゴムシが土から出てくる。それが面白くてずっと見ていた。雨で家の中がジメジメしているような気がする。床もなんとなくべたついている。掃除をして気分すっきり。

photo

ユーカリの葉っぱが紅葉していた。

photo

ゼラニウムはあちこちに挿しておくと結構増える。

夜はアマゾンプライムで007の新作を鑑賞。面白いじゃん!と思った。映画館に行くことにこだわっていたのが嘘みたいだ。配信の方が気楽だ。でもこういう鑑賞に慣れてしまうのは怖い。ちょっとした時間にトイレに行ったり菓子を取りに行ったりしてしまう。集中力が途切れることを許してしまう。自分にとって快適な鑑賞環境を優先してしまう。良いことだとは思わない。

5月13日

黒塀横丁

photo

東京駅北口の黒塀横丁がリニューアルオープンしていた。まだシャッターがおりている場所もある。前と同じ店もあるが変わった店もある。沖縄料理の店は麺類とクラフトビールの店になった。沖縄料理の店は最初の頃は何度も言っていたが、当時は混んでいて時間も結構短めに切られて鬱陶しくなったので行くのをやめた。時々薄味のオリオンビールが飲みたくなる。店の外にビールの自販機が置いてあった。

photo

八重洲南口のオイスターバーはすぐに潰れるとおもったが続いている。はじめて入ってみた。店は広く居心地はいい。注文はスマホのQRコードから。食事終了と会計依頼もスマホから。この店が満員だったのを見たことがなかったので心配していたが、見える範囲の倍の広さがあり、遅めのランチでもそれなりの出入りがあった。

photo

ベランダのレモンに一匹だけ見つけてから家の中で観察している。のんびりと大きくなっている。

photo

しかし同じレモンでさらに2匹見つけた。

photo

同じ日にうまれたはずだが、これだけの差が出てくる。仲間がいて葉を奪い合うストレスがないと、のんびり大きくなる。ストレスがあると小さいうちに脱皮を繰り返し早くサナギになろうとする。

5月12日

曇り空

今日はゆっくり家を出て自転車で介護先へ向かう。荷物を置いて30分ほどで出る。猿江公園を抜けて錦糸町へ。

photo

公園の中のバラ。

photo

まさに五月!といった景色。素晴らしい。

photo

郵便局で用事を済ませ駅ビルで早めのランチ。

photo

隣の初老の婦人二人が仕事の話。片方の人が「意地悪ババア」と言われていると愚痴っていた。聴いている方は「そりゃひどいね」と。色々ある。

photo

総武線に乗って職場へ。両国の手前。このあたりも歩いてみたいな。

photo

隅田川を渡る。乗っている時間は10分弱。車窓から見た景色を足で追うというのは実行しないことが多い。でも今はどこでも自転車が借りられる。自転車ならだいぶ先まで行けるな。

photo

職場に到着し仕事。同僚とバカ話をしながらの仕事は楽しい。年度末の仕事は実はこの五月に色々露呈しだすが、まだ連絡はない。この何もない時期を謳歌したい。週末からアメリカ出張の人が3人いる。少しずつ動き出している。帰り道。ここのバラは毎年楽しみ。

同僚が貸してくれた「喫茶アネモネ」という漫画が面白い。毎日少しずつ読んでいる。のどか~。

5月11日

ストレッチと投資相談

photo

今日は休み。東京ビルの串揚げ屋でランチ。

photo

サラリーマンのランチタイム。新鮮だ。自分は早めか遅めなので12時ど真ん中に食べに行くことはない。八重洲地下のイタトマでコーヒー。13時から3回目のストレッチ。骨盤と肩甲骨中心に伸ばす。きついと感じるところもあるがもう無理、という寸前で手が離れる。15時から投資相談。1時間半。

photo

ボールペンや栄太郎飴、ウェットティッシュなどをもらった。榮太郎の飴は何味がいいですか?と聞かれた。みかんにした。

5月10日

出勤

在宅勤務の申請がちょっと面倒になった。同僚とバタバタ仕事をして、途中バカ話になったりもして面白かった。

photo

帰りに八重洲ブックセンターに寄って本を3冊購入。本屋にいると幸せな気分になれる。そのあとタリーズで本を少し読んだ。

photo

マンションの掲示板に貼ってあった。ギョッとした。

photo

散り始めた。頭が重そう。

photo

ミカンの花が咲いている。

photo

ほっとする夕方。夜は本を読んで静かに過ごそう。

5月9日

photo

今朝は出勤前に介護先へ。自転車に乗ろうとしたところで雨が降ってきた。急遽電車に変更。一駅乗って門仲まで歩く。そこからバスに乗った。始発の停留所だったので座れて良かった。6時半のバスなのに止まるたびに乗って来る。みんな早くから動いているな。到着。すぐに熱を測る。37.6。高い。アイスノンを頭の下に入れ足の方の布団をめくった。痰の吸引もやった。9時にヘルパーさんが来た。10時過ぎに出て職場に向かう。つもりだった。日比谷で早めのランチを食べて帰宅して在宅勤務に切り替えることにした。壁の穴はタコのペペロンチーノをやめていた。タコ高いからか。

photo

1匹だけのイモブーは、ゆっくり大きくなっている。

5月8日

実家2日目

photo

明け方、母親がラジオを聴いていた。耳だけ起きた。朝御飯をゆっくり食べた。

母親は14時から卓球。パンクした自転車を隣の駅まで持って行くというのでつきあう。自転車を預ける。結局卓球が終わるまで待っていることになった。

photo

卓球が終わるまで1時間半。海岸の方まで歩くことにした。

photo

暑い雲。でも歩きやすい天候。

photo

大きな温室が見える。

photo

休館だった。

photo

なんか、おしゃれな感じ。

photo

のんびり砂遊び。

photo

おしゃれなカフェ。

photo

グランピングエリア。

photo

シャワー、トイレなどは別棟にあった。

photo

帰り道。猫が気になるカラス。猫の方は知らんぷり。往復で1時間。歩きだしたら自分の足で戻らなければいけない。最近それを考える。昔のようにどこまでも歩けないし、タクシーが拾えるわけでもない場所だ。無理をしない程度に歩かなければいけない。

photo

卓球が終わるまであと30分。駅前のカフェに入った。緑がきれいだった。

photo

母親と合流。駅前の王将に入った。昨日飲みすぎたのでビールはやめようと思ったが、許される雰囲気ではなかったので飲んだ。

王将の後、自転車屋に行った。タイヤ自体のゴムの亀裂をはじめ色々ガタがきているので修理に5000円以上かかりそうだと言われた。それならこれを機会に自転車に乗るのをやめると言った。パンクした自転車は持って帰ることにした。新しい自転車を買ってあげると言ったが、どうせ月に1,2回しか乗らなかったし、最近少し怖いなと思うこともあるのでやめるということだった。駅は近いし卓球には歩いて行けるし、イオンのバスに乗れば隣の駅まで行けるし不便はないらしい。18時の電車で帰宅。

5月7日

実家

photo

今日は実家に行く。行く前に駅のサイゼリアで友人と飲む。

photo

母の日が近いので花屋はカーネーションだらけ。この花、好きじゃない。

photo

駅前のショッピングセンターで老人を観察しながら休憩。

photo

16時開始。がらーんとしている。昔はサイゼリアで飲むなんて考えられなかったけど、実はファミレス好きなので嬉しい。つまみになるようなものが少ないけど安いし美味しい。ビールのジョッキが軽い!広々としているので密は気にならない。

photo

3時間半滞在。ビールを飲みすぎた。なのに安い!2人で7000円ちょい。

photo

三日月。実家へ向かう。

photo

母親がまた変なものを干していた。オレンジピール。夜中、少し腹を壊した。

5月6日

半ドン

連休合間の平日。今日は半ドン(昭和の言葉)。同僚と一緒にせっせと仕事。昼に出て錦糸町へ。マルイの上で天ぷらを食べた。

photo

昔のマルイはブランドの店が多く、各階に赤いカードへの入会をすすめるスタッフがいた。なんでもかんでも分割払いにさせる作戦だ。場所柄もあるが今のマルイは雑貨店や婦人服も手頃なブランドが多い。建物もだいぶ古い。つな八で定食。デザートに柚子のシャーベットをすすめられたので食べた。

photo

マルイの裏。このへんらしい姿。

photo

マルイの一階でお茶。変なジジイが店員にからんでいた。マスクのせいでお互いに聞き取れないゆえのトラブル。このへんにはよくいるタイプのオヤジ。「このへん」を良く知っているのでそんな光景をうなずきながら見ていた。

photo

店の子が小さなマロンパイをサービスで持ってきてくれた。

介護先に到着。朝ヘルパーさん、昼は看護師、14時に歯医者が来て口腔ケアと舌の動きをみてくれた。時間が長引いたので、その途中に午後の看護師が来てしまった。ぼんやり立っている看護師。慌てて帰る支度をする歯医者。看護師が帰り、訪問の医者が来る。訪問の医者も遅れ、最後のヘルパーさんが到着。連絡が間に合わず玄関先の本人に30分遅れると話す。また来ると出ていった。月に2回、こういう日がある。

photo

帰りは自転車。少し遠回りをして帰る。自転車によってはブレーキが甘かったりペダルをこぐたびに音がうるさかたっりとはずれもある。良い自転車に乗れると遠回りをしたくなる。

photo

半ドンはいいな~。連休の合間の平日は好きだ。前にくらべると、いくらでも休んでいられる自分に驚く。前は仕事に行きたくて行きたくて仕方なかった。老いたのであろう。

5月5日

自転車

photo

昼前に家を出て自転車を借り、介護先へ向かう。今日は布団の入替をする。いつもチェックしにいくミカンの木。やはりアゲハの幼虫がいた。ここは他の草木も絡んでいるしアリも多いので生育には悪いと思う。うちのベランダで産卵してほしい。

photo

様々な大きさの幼虫がいた。

photo

ミツバチには人気がないツツジであるが、たまにこういう姿も見る。

photo

今日は遠回りで行く。好きな橋。

photo

休日だけどATMを回って介護先の通帳記帳。300万円一括払いしてドル建て利率変動型の積立は395万円が振り込まれていた。17年間で95万円余計に受け取れたのは良かった。5年間の分割で受け取ることもできたが、このまえの救急搬送のこともあるし、いつどうなるかわからないので一括で受け取った。自分のお金を自分の計画通りに受け取ったり使ったりできない状況を身近で見ると、自分にも当てはめて考えることが多くなる。公園の中にある駐輪場で返却。

photo

遊歩道は静かだったが、公園にはたくさんの人がいた。

photo

公園のラベンダーはミツバチに大人気。

photo

涼しげなこいのぼり。

photo

介護先で押入れを整理し、羽毛布団を圧縮。片付けたと思っていた場所から色々出てきた。全部金。そして重い。あるところにはある。

photo

夕方まで掃除を続けバスで帰宅。

photo

三日月。

5月4日

焼肉

今日の午前中は洗濯。11時頃に家を出て千葉駅へ向かう。途中の千葉みなとで降りてモノレールに乗った。なんとなく乗りたくなったのだ。当初は蘇我駅から千葉まで4キロくらいなので線路に沿って歩いてみようと思っていたが、一昨日の葬儀の日に歩きすぎたせいでずっと背中が痛く、歩くのはやめておいた。

photo

モノレールは千葉そごうの4階に到着する。

photo

ここの焼き肉屋は墓参りの帰りに何度か寄った。

photo

この店は個室も多いし、個室じゃない席もいい感じ。天井も高い。

photo

ランチについてくるデザートは別に、このようなものも注文してしまった。

photo

13時~15時までゆっくり食べ満腹。千葉みなとまで歩いた。ゆっくり歩いて30分。ちょうどいい。千葉みなと駅は海まですぐだ。こんどゆっくり歩いてみたい。

photo

妹がくれた切り干し大根と島らっきょがバッグの中で臭う・・・。家に着いたのは16時すぎ。

photo

大きめのアリがいる萩は玄関側に置いてある。日差しが少ないのでかわいそうかな。

photo

ランチをするためだけに電車に乗って遠くまで行く気になるのは、まだ若いといえるかもしれない。何もかも面倒だと思う日はそう遠くない気もするし、そうならないように気をつけて生活したい。

5月3日

洗濯

photo

晴天。洗濯日和。ベランダも掃除。

photo

クチナシ。つぼみに粉砂糖みたいなアブラムシ。見ていないと必ずついている。なのでチェックしやすい場所に鉢を移動。3時から5時まで昼寝。昨日の疲れが出たかな。

投資

先週、ストレッチの帰りに銀行に寄り、お金を使う用事が極端に減ったので、定期預金への引き落とし金額を増額。その時に投資について相談したいと言ったら別室に連れていかれた。いつでも下ろせる貯蓄口座にまとまったお金がほったらかし。その分からいくらかを投資にあてることにした。イデコについては普通の会社員より優遇されていると勝手に思われている職業柄、掛け金の上限が低く設定されているし、ここ数年で死ぬことがわかっても60歳まで引き出せない。これはやめた。リスクを多めにとらないと投資としては面白くないと思う。来週、本格的な相談に移る。帰り際、担当者が入口まで送ってくれて深々と頭を下げられた。これみよがしなこのやり方に苦笑。

5月2日

斎場

photo

斎場に8時半に集合。JRの駅までは一本で行けるので便利。

photo

45分ほど前に到着。駅前からタクシーで行った方がいいと案内されたが、時間があるので歩こうと思い、ナビに従って歩いていたが、喪服を着て歩いている人はいないし、自然豊かな景色が広がってきて不安になった。15分前になってもそれらしき場所が見えず、斜面を登ったところで石材屋が何軒か見えた。近づいてはいるようだが斎場の敷地に入っても建物が見えない。大きな煙突などがあると勝手にイメージしていた。5分遅刻で到着。汗だく。歩いてきた人は誰もいなかった。ほとんどの人は5年前の伯母の葬儀で会ったきり。今回は茨城の伯父さんも来ていた。80歳になったのに、つい最近、免許更新をしてしまったと伯母さんが心配していた。今日も運転してここまで来ていた。田舎は車がないとね・・・と言っていた。亡くなった伯母は父親の姉。娘二人に冷たい人で、マンションの頭金を借りた時に、母親が司法書士を連れてきて抵当権を設定したらしい。家族間の借金に抵当権とは、伯母さんもすごい人だな。ちゃんと返済していたのにさ・・・と愚痴っていた。葬儀の会場にも司法書士が来ていた。伯母が亡くなったことで手数料はもう入らなくなる。最後の仕事が近づいている。伯母は金を持っていたので娘二人にようやく金が渡るだろう。どちらも困窮していた時期があったのに伯母は一切助けなかった。それなのに親戚や他人にはいい顔をする。私はいとこである二人の気持ちがわかっていたのでつきあいはほとんどしていなかった。伯母は施設に入ったがそこで贅沢に暮らしていたようだ。娘二人にも考えが甘いところはあるが、本当に困っていた時にお金をちらつかせながら結局助けなかった。それでも出棺の時は涙が出てきた。長女は伯母が亡くなった時に、からだがまだ温かいうちは会いに行かないと言っており、遺骨も持って帰らないと言っていた。次女が引き受けた。1時間半で骨上げ。そのあとはなかなか来ないタクシーを待ち、10人で近くのファミレスで会食。2時間ほどで解散。昔はこういった会で皆が飲み始めると収拾がつかず、長引いたものだ。店の前のバス停から駅まで行き帰宅。うちの親戚は「おじさん」「おばさん」じゃなく「ちゃん」で呼んでいた。茨城の伯父さんは80歳を超えても「みさおちゃん」と言い、75歳の叔母さんは「さきちゃん」だ。父親の方の親戚で好きな人は少ないが、色々あっても皆死んでいくのだ。

photo

14時半に帰宅。今日はこれからスカイツリーに行く。本当はキャンセルにしようかとギリギリまで悩んだが、ここまで疲れたら徹底的に疲れるのも悪くないし、今日の会合は楽しみにしていたのだ。15時過ぎに家を出て自転車で向かった。

photo

保育園。かわいい建物。

photo

自転車のポートはスカイツリーの真下にあるので便利だ。

photo

一応、平日だがそれなりに人はいる。

photo

スカイツリーのレストラン街をうろうろし、中華屋に入った。餃子がでかい!ここで3時間半飲食。

photo

そのあとスタバで1時間半お茶。楽しかった。押上から一駅乗って錦糸町からバス。家へ向かうバスではなく、門前仲町行きのバスに乗って遠回り。そのあと電車に乗って帰宅。今日の午前は葬儀場まで歩いたし、葬儀はそれなりに疲れる。30分の休憩後自転車でスカイツリーへ行き4時から5時間ほど飲食。家に着いたのは10時過ぎ。良い一日だった。

5月1日

喪服がきつい

photo

伯母が亡くなって明日が葬儀になった。今は少人数で通夜なしが普通なようだ。5年ぶりに出した喪服。きつい。着ようと思えば着られるが・・・・。この喪服だって20年くらい前に買ったものだ。そろそろ新調しようと大丸へ行った。

photo

Indiviの喪服があった。ちょっと見ていたら「お若い方用のブランドですね」とさらりと言われた。オールシーズン用のものは高くなるのは仕方ない。後ろ姿がしゅっと見えて首周りのデザインに特徴のあるものを選んだ。12万円したが、これ一枚でずっと頑張れば後悔しないと思う。1万円の真珠のネックレスも買った。あたし、真珠似合うわ。年とったってことだな。顔が明るく見える。八重洲ブックセンターでカフェモカ。

トップへ戻る

かえる /