日記画像スズメ

2022年7月→8月

7月31日

7月が終わる

蚊にさされまくっている。蚊なのか?という疑問もある。虫刺され痕も確実に残るようになる中高年。手足を見るのが嫌になるわい。今日は9時過ぎに近所のスーパーで買物。早い時間に行かないと、もう外に出ないような気がするので。ジュースやビールを買ってクーラーボックスに入れている家族連れの姿も。今年は暑くても外の方がいいであろう。糞詰まりだったイモブー。たくさんの糞が落ちているので調子が良くなったのかもしれない。飛べないアゲハ2匹。暴れん坊だが前脚を水につけると静かになる。水が飲みたいのだろう。アゲハは前脚でイモブーが好む葉に卵を産む。自分は食べたことがない葉なのに。すごいことだ。

photo

糞詰まりが良くなったイモブーと飛べないアゲハ。

7月30日

出勤

今一番感染リスクの高い人は上司。出張も行くようになったし、この夏に、海外の若者相手に講演や引率をしている。なので長時間一緒にいないようにしたいのだがそれも難しいので、本日の出勤になった。土曜日は誰も来ないし静かでいい。部屋はいつもドア全開でパーティションもあるしサーキュレーターや扇風機で空気を回しているしマスクは絶対にはずさない。それでも一人でいる安心感を超えられない。地味な確認作業を9時半から15時半までやった。帰りは外神田でバスを降りて万世橋周辺を散策。秋葉原から電車に乗って錦糸町で下車。歩いて介護先へ向かう。持って行ったガーゼの布団は「厚い」という判断でまた持って帰ることに。枝豆、ゴーヤのおひたし、冷しゃぶサラダでビール。2時間ほど滞在してバスで帰宅。マンションのエレベーターの所で不審な動きをしている女が。どうやらコガネムシが歩いていたので怖がっていたらしい。(むこうもお前を気味悪がってるぞ)と言いたくて仕方なかった。

photo

力の入れ具合が難しい。

photo

久しぶりに寄ったスタバ。店の子と少しお喋り。

photo

15時半。まだまだ暑い。

photo

万世橋から聖橋を眺める。

photo

川の近くでも外は暑い。

photo

秋葉原方面へ。

photo

万世橋エキュート。

photo

暗く涼しくオシャレ。

photo

前は店舗だったんだろう。ワーキングスペースとして営業している店もあった。秋葉原はすごい人だった。駅前のアトレの3階から電車に乗った。

photo

錦糸町から歩いた。猿江公園。

photo

介護先からバス。19時台のバスに乗ったのは久しぶり。

7月29日

在宅勤務

朝は7時過ぎにはもう暑いので、5時半からベランダの掃除。アゲハが羽化していた。これで残り3つ。脱皮したイモブーが1匹。こいつは糞づまり。同じ場所からなかなか動かないのでおかしいなと思って尻を見たら、乾燥した糞が詰まっていた。掻きだしてやったら動き出したが、これを続けるわけにもいかない。翅の模様が浮き出たまま動かないサナギについてはほぼ諦めていたが、さっき見たら、少し隙間があった。急いで剥がしてやったが、丸まっていた。長時間中にいすぎたせいだろう。動けるが飛べない。仕方ない。内側から破るのも大変なんだろう。外敵が無視するくらいには硬いのだろうから。昨日買ったガーゼの布団は介護先へ持っていくことにした。使う前に水を通すとふっくらすると教えてもらったのでゆるく洗濯機を回した。今日はすぐに乾くだろう。今日は在宅勤務にしたが、明日は出勤しようかと考えている。上半期中に確認しておきたいことがたくさんある。ネットワーク、停電情報を確認し、問題なければ出勤。ガーゼの布団を持って出勤し帰りに介護先へ持って行く。土曜日は静かなので仕事をするにはいいと思う。暑い一日だった。水分補給をしながら玄関を掃除。終わったら洗濯。トイレ、風呂も掃除。

photo

丸坊主。

photo

羽化。あたりまえのように羽化したアゲハの横で翅が伸びずに飛べないアゲハと殻を破れずに出てくるのが遅れて丸まってしまったアゲハがいる。

photo

ユズのチビ。外があまりに暑いので陰になる場所に置いているが、それでも異常な暑さに耐えられるのか心配だ。

photo

夕方になっても全然涼しくならないよ。

7月28日

東京の感染者4万0406人

昨晩は9時半頃に布団に入った。耳でニュースを聴きながらうとうと。今朝は4時に起床。暴れん坊将軍を見ていたら斉藤洋介がお歯黒の公家のような姿で出ていた。この人、亡くなったんだよね。テレビの再放送は知った顔がたくさん出てくる。羽化寸前だったサナギに全く動きがない。翅の模様も浮き出ているのでおかしいと感じた。この状態で羽化できないということは何が原因なんだろうか。悲しいな。

photo

朝5時前の空模様。

photo

外でアゲハが羽化。

photo

昼、職場から上野まで歩いた。

photo

鳥が羽を広げてじっとしていた。

photo

今までで一番咲いているような気がする。日中はくたっとなっているかと思ったら結構元気。

photo

梅は一番寒い時に咲き、蓮は一番暑い時に咲く。

photo

ランチは松坂屋の銀サロン。

photo

チキン。

photo

東京駅のキッテ内のガーゼの店で掛布団と枕カバーを買った。3万円を超えてしまった。

photo

自分用に買ったのだが、介護先へ持っていってもいいかな・・・もう一枚買うか・・・・と考え始めた。

photo

おやつは一六タルト。

photo

雨が近づいている。

羽化失敗で翅がくしゃくしゃになってしまったアゲハは暴れん坊。指で翅を挟んで口器を伸ばして甘い水を飲ませた。暴れずに飲んでいた。

7月27日

ヒヤリハット

今日も暑い。アゲハの羽化を見てから出勤。上司はオンラインで講演をしていた。それを聴きながら仕事をしていた。昼はつばめグリルのハンバーグ弁当。一口サイズのホタテのコロッケも美味しい。帰りに銀行に寄って配当を入金し、大江戸線で門前仲町に出た。地上に出たところで踏み外し、長い一瞬(?)の中で(転ぶの?踏ん張るの?)と自分に問いかけていた。足首がグニャとなりつつも、なんとか体制を整えて難を逃れた。焦った。ほんと怖い。深川不動をお参り。富岡さんは鳥居の外から眺めるだけにした。イシイの甘栗を購入。ポイントがたまっていたので千円値引きしてもらった。越中島まで歩き、一駅乗って帰宅。

photo

羽化が成功しているとホッとする。

photo

窓を開けてから出勤。

photo

東京駅からバス。夏空。

photo

緑は偉大だ。

photo

木陰に逃げ込む。

photo

参道はガラガラ。

photo

富岡さんはスルー。

photo

川の近くは涼しく感じる。歩いている途中で大規模接種会場はどこですかと呼び止められた。

photo

夏の夕方はホッとするけど少し寂しい。

7月26日

雨、在宅勤務

昨晩は早めに就寝。朝4時に起床したので「暴れん坊将軍」を音を小さくして見ていた。5時に再び横になり、起きたのは8時。自分にしては珍しい二度寝。外は雨。ベランダでアゲハが羽化していたが、網の隙間で窮屈そうにしていたので近寄ったら驚いて飛んだ。もう少しのんびりしてもらいたかった。悪いことしたな。10時過ぎに雷。昨年の7月28日のコロナ感染者は東京、感染者3177人、国内9000人超え。これに対して「人流は抑えられている」と会見。この数字が3万超えになる日がくるとはな。言わなくなったな「人流」。

photo

驚いてずいぶん早く飛んでしまった。悪いことした。今年はナミアゲハ、キアゲハばかりでクロアゲハはゼロ。近所では見ていない。あのゆったりと大らかな幼虫に会いたい。

photo

午後になって雨は弱まった。少し明るくなってきた。家の中で羽化。夕方までに飛べるかもしれない。今日は4匹羽化。うち1匹は羽化失敗。もう少し早く気づいていれば大丈夫だったかもしれないのに。かわいそうなことをした。

オンラインで飲む。ドラマや映画の話になる。前だったらストーリーや俳優の話ばかりだったのに、今は作品の背景にあるものや時代を反映している要素に言及したりするようになった。来週までにまたネタを積んでおこう。

7月25日

寝不足

5時前に起床。寝不足だ。昨晩ドラマを見てしまい、映像が頭の中に残っている感じ。気になっていた仕事を順調に片付け、ストレスチェック、情報セキュリティ試験を受け、午後は介護休暇。介護先へ向かう前に亀戸で電車を降りて遅めのランチ。親戚のところへ寄って配当を受取り介護の状況を話す。訪問診療の女医さんのダンナがコロナ感染。2週間ごとの診療で、今月はたまたま更に1週間先の予定だったので接触はなしで心配はないが、看護師やヘルパーさんが濃厚接触者になったら、他のスタッフがすぐに見つかるかどうかわからないので身近に迫る危機だ。感染しても軽症とは、かなり無責任な発言だ。人の配置がストップすることで命にかかわる人だっている。それでも今は気をつけていても感染している印象だ。親戚から天草から作った寒天と、蕎麦と大きな海老天をもらった。介護先に到着。帰りは暑かったけど荷物が多かったので自転車で帰った。こういう暑い日は集中力がなくなるので、とにかくゆっくり遠回りしながら40分かけて帰った。寝不足が響いている気がする。

photo

亀戸駅から介護先まで歩く。五の橋。ガキの頃、この近くの「骨つぎ」に通っていた。ゴム飛びで転倒し腕を骨折。その時、医者に「こんなに細い腕じゃだめだ。ふとももくらい太くしろ」と言われたが、今のふとももを見たらそうは言わないであろう。

photo

自転車で遠回りをしながら帰宅。急に開けた場所に出た。こういう発見は嬉しい。

photo

あともう少しで到着だ。

photo

汗だくだったが自転車で正解だったと思わせる景色。

7月24日

胸骨

胸と胸の間の骨のところが痛む。咳をしすぎるとこのへんが痛むことはあるが、咳をしたわけではない。何だろうか。

photo

外のサナギが羽化。4時間経過。まだ飛ばない。

photo

ラスト・チビ。サナギかサナギ準備中のイモらが15匹くらいいるが、こいつが最後の幼虫だ。好きなだけのんびりすればいい。今のところ、卵をうみにきていないので、葉っぱの心配はない。

photo

金曜日から日曜日までの三日間。一歩も外に出なかった。夕方、散歩に行くつもりだったが、結局出なかった。

photo

ここ数日は暑かったがクーラーは使わなかった。窓を開けてカーテンを閉めておくと、そんなに暑くない。

photo

静かな日曜日だった。

7月23日

ミニコンポ

ラジオを聴くくらいしか使っていなかったミニコンポを片付けた。CDの蓋はパコパコ開いたり閉じたりで調子が悪かった。ほこりを溜める場所と化していた。アレクサでラジコに繋ぎラジオを聴いているの存在価値はなくなっていた。

photo

隙間があれば何でも置くようになってしまう。

photo

すっきりした。

羽化

photo

今朝も羽化。

photo

こちらも。羽化したばかりなので大きな音を出さないよう慎重に行動。

photo

一か月かけてやっとサナギになった。キンカンからレモンへ移し、その後はゆっくり食べていた。

photo

夜には完成。

photo

こちらも場所を決めたようだ。

長電話

20時から1時間半ほど長電話。相手は98歳のお母さんをつい最近施設に入れた人。激しいバトルを繰り広げながらの介護で色々消耗していたが、長い列を待っていた入所が急に決まり、怒涛の一か月。いま、どうしているのか聞いたら体調が悪いって。ホッとしたせいで自分の体調に急に向き合うようになったのだろう。あれだけ入所を嫌っていた母親が案外楽し気に過ごしているのも複雑だと言っていた。今は老人保健施設に入っているが、特養が空いたらそちらへ移る。コロナなので面会はあまりできないが、洗濯物を取りに行ってスタッフと会話。この前はビニールカーテン越しに本人と会話したらしい。家の中を片付けようとしても気力も体力もなく、動けないようだ。本当だったら今夜、押上にあるその家を訪問し、そのあと焼肉でビール、という約束をしていたのだが絶対無理なコロナ感染者の爆発的拡大。全国のコロナ感染確認 過去最多の20万975人。

7月22日

こづかい万歳

漫画を読んでいる。定額制のこづかいをもらっている夫たちの話。その中に、駅の片隅でビール缶をハンカチで包み、ゴミ箱と柱の隅で飲んでいる人の話があった。つまみはポケットに中。利用者に不快に思われないよう短時間で済ます。駅周辺での会話を聴きながらそれぞれの人生に思いを馳せる。週2回、定期券の経路の範囲でステーション・バーをやっているらしい。昔、駅の構内で明らかに飲みすぎているオヤジの集団がいた。その時は「店いけよ」と思ったが、こういう時代、ひっそりと自分の時間を節約しながら楽しんでいる人もいるんだろうなと感心したり。昔、総武線で通っていた子が「総武線は全ての連結部分にオヤジが挟まって飲んでいるんですよ!」と呆れていたことを思い出した。車両が新しくなった今、連結部分に立つ場所がない。

神奈月は天才

神無月のプロレスラーのモノマネは最高だ。本人のことをよくわかっている。本人になりきって質問に回答しているのを見て感心していた。モノマネ以上にプロレスが好きじゃないと無理だと思う。

photo

今朝も羽化。

photo

小雨、時々晴れ間。雨上がりに飛んでいった。東京の感染者は3万4995人、全国のコロナ感染は過去最多の19万5160人、22都道府県で最多。うーむ。

ストレンジャー・シングス

シーズン4の最終章。イントロをスキップせずに流した。なんだかもったいなくて。

7月21日

東京、コロナ感染者3万1878人

今日はいつもより1時間遅く出勤。上司は10時過ぎ。同僚も10時過ぎ。なるべく3人揃わないようにしたいがそういうわけにもいかない。今日も紙の仕事が多く辟易。おまけに前年度の監査の追加書類も求められて、なんで今?と腹も立つ。13時に上司が別室の会議に行き、同僚も別棟へ。私は14時に職場を出て帰宅。続きは家で。東京の感染者が3万人を超えて過去最高になるらしい。怖い。店主がコロナに感染して休業という話も聞いた。東京駅の地下街の不自然な休業店もコロナ絡みなのか?なんてことも考えてしまう。来週の歯医者もやめておこうかな。

大魔神怒る

つい最近BSで「大魔神」を見た。そして今夜もたまたま「大魔神怒る」を見ることができた。本当に怖いよ、大魔神。なんと10分後に「大魔神逆襲」もやるらしいので録画予約した。

photo

全体に白っぽいアゲハ。羽化の瞬間を見ていたのだが、翅がクシャクシャな状態でササっと移動していた。すごく狭い場所で縮こまってサナギになるのもいたので不思議だったのだが、羽化直前にこんなに動けるならどこでも大丈夫なんだなと納得した。

photo

外に出した。翅が乾いていないので暴れずにじっと手の中にいた。

photo

15時にランチ。エビフライ定食。食後、胸が苦しくなったのは胃もたれだったのかも。

7月20日

早朝勤務

photo

今日も早朝スタート。サナギの色が変わっていた。羽化の瞬間を見られないのは残念。

photo

朝7時前のバス停。始発のバスが遅れていて列がどんどん長くなっていく。

photo

上司が来る前に色々やって、早めに出る。ランチはパスタ。

photo

まだアゲハがいた。このあと、糸で補強したサナギも無事に羽化して飛んで行った。

photo

夕方になるとどうしても空を見ないと気が済まない。

photo

数分で変わる。

photo

夕方から夜へと変わる夏の7時が好きだ。

7月19日

早朝勤務

三連休明けは重要な日。気になっていた仕事をいっきに片付けたい。スケート選手の決意表明記者会見の中継で他のニュースが飛んだ。なんで。

photo

早めの昼ごはんの後、ドーナツ。

photo

部屋の灯りを変えてから、目につくようになった。

photo

こういうのもいいな。

photo

このタイプはよく見かけるな。

photo

雲が厚い。

photo

かっこいい。

photo

18時40分の空模様。

photo

19時過ぎの空模様。たくさんの色が入っている。

7月18日

アジのたたきとユーミン三昧

三枚におろしてもらったアジをじーっと見る。アニサキスが心配だから。でもアジのたたきを食べない夏があっていいはずがない。薬味たっぷりで食べた。午後はラジオの時間。NHKラジオで昼の12時15分から夜9時15分までユーミン特集。横になって昼寝をしようとしても耳が反応してしまう。男女のうんぬんよりも季節や情景が感じられる歌が好きだ。晩夏、残暑、消息、春休みが好きだ。星空の誘惑の「オレンジのトンネルの中」ときくだけで、ただ横に座っていればどこにでも行けた時代を思い出す。第一位が「守ってあげたい」だった。好きではない。

photo

ごっつんこ。

photo

葉っぱの裏でひっそり脱皮。

photo

糞が下に落ちていない。

photo

口にくっつけて外へ飛ばすのだが、たくさんありすぎて途中で諦めたようだ。

photo

外の袋の中でサナギになろうとしていたイモブーに違和感。よく見たら小さなアリがくっついていた。アリを飛ばしたらすぐにサナギになった。体を左右に大きく揺らして静かになった。

photo

白い壁に目立つオレンジ。1センチくらい。カラミンサの葉っぱを食べて繭を作っていたやつかな。

photo

スズメが何かをくわえていた。イモブーがやられた。

photo

レモン。ほとんど葉っぱがない。観察のため家に入れた。

photo

クチナシの根元から出てきた謎の植物。

photo

早く植え替えたいキンカン。変なところから花。

photo

葉っぱは全部食べられた。もともと葉は小さく少ないので途中からレモンへ移したが、スムーズにレモンを食べてくれたので良かった。

photo

晴れて暑かったがクーラーをつけずに済んだ。

7月17日

17時半からのビール

朝はパンケーキを焼いて朝御飯。日中は掃除。夕方からオンラインで飲む。家で飲むことが少なくなったせいか、飲むと決めた日は飲んでしまう。政権と宗教の話から始めた。宗教といえば・・・と昔は案外身近に信者がいたことに驚く。それでもコソコソ活動していたのも思い出すので、そういう宗教ってどうなんだろうかと改めて思う。家族を勧誘してこいと言われた人が、久しぶりに帰省したら、親が宗教のことをすごく勉強していたことに驚き、脱会させようとここまでしていたことで自分の信仰に迷いが生じ最終的にはやめたという話をきいたことがある。子どもは無力だ。親が決めた神様がいれば、それを信仰しなくてはいけない。今回の事件は単純なものではない。

photo

植替えてから見違えたユズ。キンカンも植替えたいが、夏の土用は土いじりはしないほうがいいとされている。こういうことをつい思い出してしまうのはババアになったからなのか。

7月16日

葉っぱ

朝から雨。一泊させたアゲハを外へ出す。ベランダの掃除。レモンの葉に煤のような黒い粉がたくさんついている。よくあることだが、イモブーがたくさんいるので、一枚一枚丁寧に拭いた。3時間くらい作業をしていた。部屋の掃除をしてイモブーとサナギの管理。古いパソコンを立ち上げて音楽を聴いたり本を読んだり。

photo

網をかけたミカンの中でゆっくり成長していたがついにサナギになるようだ。

photo

こちらはレモン。

photo

体操選手のような柔らかさ。

photo

美しい薄緑。

photo

ベリー。黒いのを食べたら酸っぱかった。

7月15日

在宅

昼に八重洲ブックセンターで本を数冊購入。金曜日は大丸の野菜の日。野菜を買って帰宅。在宅勤務の続き。介護先に来ている訪問資料の医者がコロナ感染者の急増で、家族や看護師などに十分注意するようにと言っていた。もし誰かが罹ったら介護現場は混乱する。自分は控えの選手として健康には留意しなくてはならない。正直、ちょっと油断していたかもしれない。ごちゃごちゃしている場所には行かないし、職場の環境も悪くないと思っていた。しかし上司は出張や会合に行っている。衝立はあっても並んでいるしな。

photo

外のサナギが羽化していた。

photo

可愛さマックス。縮む瞬間。

7月14日

東京のコロナ感染者1万6662人

いつもより少し遅めに出勤。東京駅構内の浅野屋で昼に食べるパンを買う。バスに乗る。いないはずの上司がいた。今日から浜松と広島出張。これだけコロナが増えていても対面での会議が増えているようだ。案外、こいつがコロナに一番近いもしてない。気をつけよう。身近で感染者が出始めている。上司が出かけたので隣の部屋へ行った。仕事は全くかぶらないのだが、同じくらい古い人。どこまで話すか迷った。ここ数日心に引っかかっている当事者に近い人なので。フェアな人かどうかを会話の中で探る。2時間ほど話した。驚いたのはその問題を知っており、何もしてこなかったことを悔いていた。話したことで心が軽くなった。昼に同僚が来て一緒に仕事。雨が強くなってきた。御茶ノ水駅前は水浸し。早く工事してくれ。今日は真っすぐ帰る。ベテランのヘルパーさんが痰の吸引の資格試験に受かった。良かった。やりたくないと言っていたのに受ける気になってくれた。有難いことだ。どんな天候の時も自転車で来る人だ。タオルのプレゼントくらいは受け取ってくれるだろう。

7月13日

お盆

墓参りに行くので休み。晴れていたら出勤して10時半まで仕事しようと思ったが雨だったのでやめた。茗荷谷駅に11時半に集合。雨が強くなってきた。花を駅前で買ってお墓まで歩く。今日は初日なので雨でもそれなりに人が来ている。祖母方の親戚のお墓にもお花を買っているが、このお墓は後を継ぐ人がいない。こういうお墓が増えてくると思う。丸の内線で東京駅に出て丸ビルのトラジで焼肉ランチ。13時を過ぎていたので空いていた。そのあと、妹が美味しいプリンがあるというので行った。15時半に帰宅。お腹いっぱいだ。母親が少し痩せていた。心配だけど見た目だけで判断するのもどうかと思う。焼肉モリモリ、でかいプリン完食。そのへんで安心していたが、今後はもう少し注意して観察してみよう。どこも悪くないのに病院に行けとも言えないし、まず行かない。こういうことは本人に任せるしかないのだ。

さなぎ

photo

葉っぱの裏につくのは珍しい。

photo

背景に合わせて茶色。

photo

袋の隙間でサナギになった。このまま羽化すると翅が伸ばせないので袋をはずした。たまにこういうふうにサナギになるものがいる。羽化してすぐに翅がクシャクシャのまま移動するのだと思うがいつも心配になる。

photo

家の中で羽化。少し降っていたが外に出した。

photo

朝顔が蔓に巻きついているが、全く違うものが延びている。きれいな葉。なんだろう。

photo

丸ビル。怖い。昔はこういう空間が好きだったが足がすくむようになった。丸ビルの中も閉店している店が多い。

photo

トラジ。店は広くて居心地がいい。

photo

ご飯をやめてサラダにした。妹が「御飯の大盛ってどれくらいですか」と聞いたら、店の人が「日本昔話に出てくるような感じではないです」と言ったので笑った。なんともいえないたとえだな。

photo

改札すぐ横。テーブル席はなく全てカウンター。

photo

バーも兼ねている。

photo

甘すぎないプリン。

photo

東京駅構内に七味唐辛子の期間限定ショップがあった。

7月12日

新潟

祖父の出身地は新潟だ。その地域は併合されたが地名は残っていると新潟の人が教えてくれた。昨日、読んでいた民族学の文献について解釈と感想を送った際、祖父の出身地について追記したことで返信をくれた。明日、墓参りに行くので報告しようかな。海沿いで育った祖父が文京区本郷の高台に家を建てた。地価は高く安定している。今なら土地だけで2、3億する。徒歩数分のところに区立なのに名門小学校がある。今は越境入学を禁じているので住んでいないと通えない。警察関係の仕事をしていた祖父が警察を辞めた後、この自宅で探偵社をやっていた。いつも書き物をしていたのを覚えている。インクにペン先をつけて上手な字でスラスラと書いていた。お中元、お歳暮がたくさん届き、床の間がそれらでいっぱいになっていたのも覚えている。

紙の仕事

外国人関係の仕事はネットワークさえ繋がっていればできる。しかし予算関係は呆れるほど紙を使う。在宅勤務100パーセントは無理。紙の仕事も時々やるなら気晴らしにもなるが、こういう世の中なのにあまり減っていないのが不思議だ。今日は紙の仕事を中心にやっていたが、コピーを失敗したりして笑い出してしまった。更に紙が!って感じ。昼に別部署の人が来て一緒にお昼。この人とは別の部署の人との連絡が途絶えたという話になった。その部署内でのゴタゴタの愚痴を聴いていたが、在宅勤務も増えていたし建物内で会うことはあまりない。ゴタゴタに対する上部組織の動きがあるようだという話は知っていた。気にはなるが静観するしかない。そんなことを話した。「結局暇だから人が何をしているのかが気になるのでは?」という意見も出た。自分が抱えている仕事で手一杯、というほうが平和なのかも。それが紙の仕事でも・・・。

photo

今朝は東京駅からバス。

photo

仕事のあと、介護先の近くの親戚のところへ顔を出した。お盆のお供えものを預かった。空はどんより。

7月11日

自転車

朝6時過ぎに家を出て自転車で介護先へ向かう。微熱あり。盆提灯を出して組み立てた。今日はヘルパーさんが来るまで待っていて、お喋り。バスで錦糸町に出てタリーズで宿題の民族学の文章を読んだ。一か月前から読んでいるのだが言葉が古いのでなかなか進まなかったが、今夜、感想を送るつもり。昭和45年の新潟の農業に関する文献だ。農作業時の衣類のところが面白い。昼になったので天ぷら屋でランチ。午後は出勤するつもりだったが、予定通り休みにする。お盆のお供えのお返しを買いに東京駅の大丸へ。地下でお茶とお菓子を購入。前に気になっていたエコバッグのような袋を買った。Мサイズで4400円するのでエコバッグじゃないけど。

photo

最初は混乱したが慣れたのでスイスイ組み立てられる。

photo

きれいだ。

photo

もう少しゆっくり揚げてほしい。

photo

東京ミッドタウン八重洲。秋以降に開業。

photo

このビルの中に小学校ができるらしいよ。

photo

大丸で買ったバッグ。エコバッグに使うのはちょっともったいないかな。

photo

大漁。

7月10日

おうち

photo

サナギになろうとしている。

photo

葉っぱがほとんどないキンカンにチビが一匹。

photo

脱皮直前のが一匹。

11時に自転車を借りて介護先へ。帽子をかぶり手袋をはめ、保冷剤を入れたタオルを首に巻いた。今日はシーツを変える。古いシーツを体の下にちょっとずつ入れる。ベッドシーツと腰シーツを変えた。お盆が近いので仏壇と仏間の掃除。風呂、トイレの掃除。古雑誌や段ボールをまとめ、ゴミを出す。5時間ほどそんなふうに忙しく動いてた。胃ろうをやった。忘れていることが多いので焦った。帰りはバス。明日も朝早く行くことになっている。選挙番組も安倍氏を褒めちぎる番組もどちらも見たくないのでニコケイの映画をアマゾンで見ていた。そうそう、こういうのが一番。

photo

体を動かしたので疲れたが、掃除は気分転換になる。ほっと一息の夕方。

photo

帰ってきて数えたら一匹いない。あちこちさがしたらカーテンレールのところで固まろうとしていたので焦った。間に合った。

photo

糸が切れて逆さまになっていた。緊急補修。切れたままでも大丈夫なのか、一度こうなるとダメなのかよくわからないが、頑張ってほしい。

7月9日

おうち

photo

レモンの葉っぱにしがみついていたが、すぐに離れた。

photo

だいぶ大きいのでサナギになりそうだ。

photo

糞をした。

photo

家の中に入った。

同級生

photo

午後、大丸で足裏マッサージ。今日は錦糸町で中学の同級生に会う。一年前、口腔内の手術をしたらしい。良性で良かった。居酒屋の個室をとってくれて3時間以上喋った。奇跡的にきれいなままオジサンになった人だ。昔話には限界がある。同じクラスの時はほとんど喋っていないのでこのつきあいは面白い。一緒にいる時にお母さんと会社の社長から電話がかかってきたのが面白かった。将来のことはよくわからないけど、朝起きて会社に行くのが嫌というのもないし、結構幸せということで意見が一致。時間を作って会える時に会おうと思う。話していると気持ちが安らぐ。

7月8日

在宅勤務と午後休

photo

ミカンのイモブー。静かに動き回っている。

photo

昨日の豆を圧力鍋へ。

photo

冬瓜の季節。

photo

家の中で羽化したアゲハを外にだす。

photo

小さなレモンのイモブー。

photo

大きなレモンのイモブー。下には脱皮前のイモブーたち。

photo

ここまで大きさがバラバラなイモたちが揃ったのははじめてだ。

photo

パセリの花。

photo

また羽化。

photo

灯りを変えた。設置が大変。頭がフラフラする。

アフタヌーンティー

photo

暑くなってきた。午後は銀座へ。

photo

金曜日の午前を在宅勤務にし、午後を休みにして出かけるというパターンが気に入っている。

photo

銀座の鈴木そのこビルに入っている店でアフタヌーンティー。

photo

お茶のお替りがフリーで種類も豊富。これは非常に珍しい。たいてい2杯とかになってしまう。和洋折衷なので緑茶やほうじ茶もある。予約は13時で16時までいた。17時までいられる。お腹がいっぱいで夜ご飯を抜いた。昨年6月から11月まで通っていた学校で一緒だった人に会った。これまで数回会っている。午後休にしてアフタヌーンティーは2回目。次回は赤坂で牛肉麺を食べて表参道か渋谷まで歩き、フワフワパンケーキを食べることになった。東京のコロナ感染者は8000人を超えているが、会合をキャンセルするかどうかが微妙。行く店や時間を選べるならいいのかなと思うが、5万人予想も出てきたので、そうなったら無理であろう。昔からの仲良しではなく、大人になってから友達になれそうな人を見つけたら、とりあえずつきあってみる。数回しか会っていなくても色々なことを共有できそうで嬉しい。この距離感がかえって自分の深いところにある話もしやすい。

安倍氏にはきちんと説明してほしいことがたくさんあった。

7月7日

羽化

photo

朝、家の中で羽化。

photo

外に出して出勤。

photo

東京駅で買った「海苔弁山登り」の弁当。テーマは「畑」。うーん、鶏にすればよかったな。1100円。

photo

17時の空模様。

photo

明日、納豆にするのでお湯で戻す。今日は一日中、同僚とバタバタしながら仕事を進めた。人事関係でブルーになる件が起こったが自分ではどうにもできない。静観するしかないが、自分の仕事環境を快適にするために誰かを排除しようとする人は、その行為にキリがないことを知るであろう。味方も外から見れば結構なモンスターなのだ。

7月6日

在宅勤務

photo

台風は温帯低気圧に変わったが空はこんな感じ。今日は朝9時に風呂掃除を頼んだので在宅にした。エプロンをはずして中も掃除してもらう。3時間という話だったが、防カビコートの様子を見るので追加1時間ということだ。作業をする人も大変だ。マンション内に駐車できないので近所のコインパーキングを借りたということだが、4時間分なら3000円くらいはかかってしまう。こちらで払いたかったが受取ってもらえなかった。予定では3時間だったが5時間かかっている。私はいいけどさ、あの狭い空間で5時間というのも大変だな。掃除が終わったので遅めの昼御飯。近所に買物に行った。帰ってきてすぐに枯れていたコニファーの分解。小さな鋸で枝を落とす。右利き用の挟みで根っこを切っていたら途中で指の股が痛くなった。気にせず続けていたら皮がむけていた。分解に1時間かかった。土は捨てられないので枝や根っこを捨てた。東京のコロナ感染者、いっきに8000人超え。

photo

家の中で羽化したアゲハ。風呂掃除の防カビ剤の臭いがきついので、急いで外に出した。左にのんびり成長中のイモブーがいる。

photo

数日前に羽化した外のサナギ。この抜殻は長く維持される。

風呂掃除

photo

風呂掃除をプロに頼んだ。

photo

ピカピカになった。

photo

防カビコートの臭いがきつかったが、翌日には軽くなった。この状態を維持できるよう頑張ろう。3時間の予定が4時間半。狭い風呂の中でスタッフの人も大変そうだった。19日まで休みなしだって。今の時期はエアコン清掃が多いようだ。

photo

14時半の空。

7月5日

タクシー

photo

雨の予報だったが晴れている。昨晩、「ザ・ボーイズ」を見たのと、寝ている間の冷房の温度や風向きが難しくてほとんど眠れず朝になった。今朝も介護先へ行くのだが、自転車はやめてタクシーに乗った。今日は目が開いていた。呼びかけると頷こうとしているように見えた。今日も9時前に出た。バスで錦糸町に出て御茶ノ水へ。駅でおにぎりを買って出勤。

photo

日陰のないバス停。

photo

午後から雨の予報。眠気がとれず、昼休みは椅子を繋げてだらしのない恰好で寝ていた。同僚が段ボールを持ってきてくれた。次回は敷いて寝てみよう。夕方から事務の人との飲み会。場所は新宿。新宿の街をふらつきたくなかったので、伊勢丹のレストランを予約。

photo

同僚と伊勢丹の豪華さを堪能しながらエスカレーターで上がる。

photo

豪華さが増していく。

photo

コロナ感染者が増えている。東京はいきなり5000人を超えた。会合もまた縮小していくかもしれない。そういった中でも会食をするのなら、デパートのレストランはいいかもしれない。広いし清潔。場所も便利。地下からそのまま丸の内線に乗れる。

photo

伊勢丹マーク。

photo

17時半開始、19時半解散。

photo

謎のカクテル。

photo

色が変わった。20時過ぎには家に到着。これくらいの会合がいい。事務の人は不満を言うことが多かったが、最近は開き直ってきたように思う。仕事自体は好きだということなので、こんな感じで続けてほしい。

7月4日

自転車

photo

6時過ぎに家を出て自転車で介護先へ。以前は月曜日の朝は電池のない自転車ばかりだったが、この暑さで週末に自転車に乗る人が少ないせいなのか、結構良い状態の自転車が多く残っていた。微熱、アイスノン、吸引などをして9時少し前まで様子を見ている。9時前に出て期日前投票を済ませロイホへ。

photo

カウンターにも窓側にも、先週月曜日に見た人々がいた。皆、毎日のルーチンなのかな。カウンターの爺さんは途中で2つ隣の席へ移動する。これも先週と同じ。私もこのメンバーの中に加わっているのかもしれない。今日は地下鉄で職場へ向かう。乗換えを含めて20分だが、駅に着いてから20分歩く。仕事は忙しい。でも自分のペースが守れているのでストレスにはならない。

photo

18時半の空模様。

photo

19時少し前の空模様。

photo

19時過ぎの空模様。台風はのろのろ進んでいる。

photo

きれいな抜け殻。

7月3日

くもり

photo

晴れていたので洗濯したが、予報は急に曇り、雨になった。台風の影響なのか。外のサナギが羽化。袋の下があけてある。

photo

袋の中にぶらさがって翅を乾かしていた。外にイモブーが20匹以上いる。下に水っぽい糞が落ちていた。見まわしたがすでに下りて移動してしまったようだ。結構長い時間探したが、2匹ほど見つけられなかった。無事に羽化してくれればいいけど。

photo

家の中のサナギが羽化し、ベランダ出た時、一緒に外に出てきた。

photo

ベリー。これから黒っぽくなる。

photo

19時の空模様。明日は雨のようだ。

アイスランドのレイキャヴィック警察捜査官エーデンデュルシリーズを読んでいる。北欧の気候、自然、生活習慣なども興味深い。半端ない寒さの描写。デンマークの特捜部Qも面白いが最新作のアサドの祈りは、ちょっと展開が強引で派手すぎるかなと思った。なんてことない日常を侵食する何かに気づいた時から、捜査官の地道な、そしてしつこい捜査がはじまる。北欧ミステリーが増えている。翻訳者に感謝だ。

7月2日

10時までが勝負

photo

ベランダ掃除や、イモブーの観察などでベランダに出る。しかし連日35度を超えるのでベランダに出られる時間は限られてくる。午前中は10時頃までは陰になっている。その間に動かなくては。アゲハが羽化。

photo

暑い中、飛んでいった。お元気で~。

飲んじまった

photo

午後4時。新浦安の居酒屋。炭をつけたばかりなので焼物はもう少し時間をください、とのこと。ここはお通しのまぐろがいつも美味しい。さつまいものディップも美味しい。カニグランがなくなっていたのは残念。いろいろ喋って4時間半。2人で11000円。1万円を超えると高いと感じるが、4時間以上滞在してるわけだから、安いんじゃないかなとも思う。フル回転で飲み食いして喋り続けた。

photo

帰りの電車は混んでいた。矢沢永吉のコンサート帰りの人々。E.Yazawaのストラップ。年齢層高め。一度、行ってみたい気もする。うちに帰ってバタンキューの予定だったが、BSでオフコースのコンサート(1982年)の映像が流れていた。小田さんが声を詰まらせて「言葉にできない」を歌えなくなったところは、以前も見たことがあるような気がする。飲み屋でオフコースの話をしたので不思議だった。当時やその周辺のことを思い出し、目を閉じたまま音楽に身をまかせた。

7月1日

歯医者と大丸

photo

午前中は在宅で英語の仕事。もう嫌だ。午後は休みにして歯医者。麻酔がなかったので気楽。次回は麻酔あり。一昨日も大丸に来たが、今日から大々的なバーゲン開始。いつもはバーゲン時期には来ないのだが、今回は介護先へ持って行く寝巻やガーゼの掛布団を狙っている。買物をするたびにルーレットで使える券をもらう。なんだかよくわからないまま、特設会場へ。皆が賭け終わるまで待つのが面倒。それなりの買物をした人が貰う権利なので、当然皆、すごい荷物。途中で面倒になって適当に賭けたら儲けが出たりする。ポイントが貰えるかも、という賭けなので健全。

photo

大荷物で星乃珈琲に入った。目の前がストレッチの店。一昨日来たばかり。担当の女の子が忙しそうにしていた。店はほぼ満席。ウインナー珈琲のアイスを一気飲み。

photo

面白いシャツ。柄と濃淡が面白い。

photo

マッキントッシュのシンプルなシャツ。

トップへ戻る

かえる /