プロレストップ

プロレス彼是

プロレス

page1 /全体の目次
1 第1回プロレス能力検定2級問題(外国人レスラー編)基本です。
2 第2回プロレス能力検定2級問題(入場テーマ曲)基本です。
3 初代タイガーマスクの偉大さについて語る
4 かっちょ悪い瞬間について
5 新日史上最もダサいと思われるレスラーは誰だ
6 ジャーマン・スープレックスが必殺技でなくなった原因
7 史上最悪の覆面レスラーは誰だ
8 おいおい、魔界倶楽部に入るのかよ
9 海外武者修業先はどこを選ぶ?
10 ばかばかしさにあ然とした入場テーマ曲は?
11 最近のプロレス界で気になることは?
12 このレスラーのこの技は誰にも真似できないと思ったものは?
13 ある特定のレスラーに、できれば使ってほしくない技といえば?
14 プロレス時事問題
15 マスカラス兄弟
16 フグ田家のなぞなぞ
17 サスケ
18 東スポのバカネタ
19 楽太郎
20 深夜のプロレス
21 朝青龍のバックドロップ
22 闘龍門とゼロワン
23 リストラ反対
24 藤波引退!?
25 下北沢の店
26 正月プロレス
27 燃える老害アントニオ猪木
28 おまえは男か、高田/td>
29 大晦日の感想
30 今年は喧嘩しない

(30) 今年は喧嘩しない

歳も歳だし
今年は喧嘩しないですむような一年にしたいのう。しかし、俺の足を踏んだやつには北尾がデビュー戦を飾ったギロチン・ドロップ、俺の肩にぶつかったやつにはブルーザー・ブロディばりのニー・ドロップ、そして、俺にはむかう酔っ払いにはダイナマイト・キッドを彷彿とさせるソファー最上段からのダイビング・ヘッドバットをお見舞いしてやろう。

ところで、「ミズーリの狂犬」こと故ディック・マードックなどは延髄斬りを喰らってわざとらしく空中一回転していた。もっともそんな大袈裟なリアクションはマードックの売りのひとつだったわけだが。実は俺自身中学時代にはマードックがかなり好きだった。後に靴下、下着の類を1週間以上替えないという伝説を耳にし(事実だったようだ)、好きではなくなったが。

4日のプロレスは興行としては新日よりゼロワンの方が魅力があったと思う。なんとマスカラス一族が参戦した。マスカラス、ドスカラス、ドスカラスJr、さらにシケデリコJr(シケデリコがマスカラスの実兄なのか、実弟なのかは今もって謎である)が一堂に会したというのだからすごい。ほかにもアメリカ、メキシコの有名レスラーが何人か出たらしい。

トップへ戻る

(29) 大晦日の感想

情けないダウン
サップはテレビ出演をひかえているせいか、練習時間があるんだろうな、すごい腹筋だった。あれに勝てたらインチキだろう、曙。それにしても女房、子供を会場入りさせるな。煽るな、バカ。格闘技をなめるなアホ。あのダウンじゃ、次回は厳しいだろう。 小柳ゆきの国歌。すでにリストラ対象と聞くが。必要ない。 猪木祭りにチェンジ。安田がサバ折りでテイクダウンを狙うも、ローゼが上になり、マウント。パンチラッシュで終わりか。自己破産決定。こっちは娘がきていた。だから家族をからめるな。アホ。バカ。 藤田、スタンディング肩固めで勝利。これならルールは関係ない。いい作戦だった。まあ、普通にやっても勝てたと思う。藤田、相変わらず安定しているな。よし。 PRIDEにチェンジ。桜庭vsホジェリオはすごくいい試合。桜庭強いじゃないか。ホジェリオとあれだけ出来る日本人はそうはいない。しかし、ホジェリオの評価があがったように思う。田村戦への盛り上がりにも水を差してしまった。でも、桜庭、酒の飲みすぎて肝臓、大丈夫か。大丈夫じゃなくても、よく戦ったと思う。

トップへ戻る

(28) おまえは男か、高田

卑怯者
おい、高田の「泣き虫」読んだか?あいつ、ミスター高橋より最低だよ。元プロレスラーとしてプロレスは「黒」だと言ったんだぞ。そういうこともあるかもしれないが、長い間プロレスで食っておいて、そういう暴露本はどうなのか! もしかしたら高田は己をプロレスラーとして捉えていないのかも知れない。つまり総合格闘家とでも思っているのではないか。しかしそうはいっても原点はプロレス。猪木の付き人をしていたことだってある。収入減で金に困り、暴露本を著したんじゃないのか。金のためには己が歩んできた道を否定するのも辞さないというのなら、やつは救いようのない大バカ者だが。

話は変わるが、梶原一騎の劇画では力道山は伝説の名レスラー、アントニオ・ロッカにあやかって猪木にアントニオの名を与えたということになっていたが、どうやらそれは作り話らしい。力道山は猪木を日系ブラジル人として売るつもりでそのような命名をしたというのが真相のようだ。

今回の独り言:猪木軍とWWE軍が対抗戦を行なうという噂がある。WWE人気は現在凋落気味らしいが、現ヘビー級王者のレスナーと高山、あるいは藤田が一騎打ちを行なえばかなり盛り上がるに違いない。特に高山のキャラクタならWWEEの王者になっても不自然な感じがしない。

トップへ戻る

(27) 燃える老害アントニオ猪木

いい団体は他にもある
来年1月4日恒例の東京ドーム大会において、新日の全選手が参戦するもよう。不甲斐ない試合をした選手は解雇になるとのことだが、その査定は猪木に委ねられる(先週の東スポより)。 >馬鹿げていないか。猪木が全盛期だった頃とは異なり、現在のプロレス界において新日ブランドはなんぼのものでもない。ファンの目から見れば、橋本率いるゼロワン、または観客動員数は伸び悩んでいるが、TAKAみちのくのK-DOJOあたりの方がはるかに魅力がある。

今回の宿題:見かけはえげつないが、自分がレスラーだったら絶対に使うと思う技は?

回答

低空ドロップキック(渕、ライガーらが使っている)。正直、私生活で使いたいと思ったことも何度かある。

トップへ戻る

(26) 正月プロレス

コーラで対決か
かつて新日本は元旦に興行を行なっていたものだ。実は小学5、6年の頃、正月にほかにやることもなく、家族とテレビでプロレスを観ていた時に藤波のファンになった。たしかにあの頃の藤波は輝いていた。後年新日本の重役となり、やることなすこと中途半端となってしまった。

最近かつて米国テネシー州でも活躍した元レスラーのミツ・ヒライが亡くなった。全日本の平井伸和は息子だそうだ。父親は米国で世界タッグのベルトを巻いたこともあるとのことだが、息子の方は念願のアジアタッグ王座に就くことができず、挙句の果てパートナーの奥村と喧嘩までしてしまった。渕が仲裁に入っていたが、喧嘩中の2人がリング上でコーラの一気飲みで対決したのはどういうことだろうか。まったくナサケナイ。

トップへ戻る

(25) 下北沢の店

バンバン・ビガロ
テレビでなつかしいプロレスラーの似顔絵をTシャツにして売っている店があるらしいな。店名は「バンバン・ビガロ」という名前だ。その名が北尾のデビュー戦の相手を務めたあのレスラーに由来することは間違いない。俺自身プロレスファンになってから長いが、ギロチン・ドロップでフォールを奪えるレスラーはわずか3人しか知らない。アントニオ猪木、ブル中野、そして北尾の3人だ。但し猪木、中野は大技を仕掛けた後にとどめの一撃として相手をギロチン刑にかけていたものだが、北尾はせこい技からのギロチンで勝っていた。健介が新日復帰という情報まで飛び出した。しかし俺は健介のことよりも、いち早くWJを離脱した谷津のことが気がかりだ。SPWFがうまく再起動すればいいのだが。アマレス日本代表、MSGでのデビュー戦(プロレス史上初等輝かしい実績を持ちながら、世渡り下手であるばかりにろくなタイトルにも恵まれず、ひっそりとプロレス人生を終えるなどということにはなってほしくない。

今回の宿題:リングネームの付け方にもう一工夫あったらと思われるレスラーは?

回答

タイガー戸口(現キム・ドク)。ファンの公募でこのようなリングネームに決まったとのことだが、ほかに「たちつて戸口」「ビッグマウス戸口」等の応募もあったそうだ。そのいずれかにしておいた方がよかったかもしれない。一説によると彼が全日本でうまくいかなかったのは、親分(馬場)の「ジャイアント」に対する「タイガー」だったからとも言われる(あくまでも俗説)。

トップへ戻る

(24) 藤波引退!?

いつものことか
昨夜はみちのくプロレスの貴重なポスターをいただいた。大事なコレクションに追加するつもりだ。ところで、先日のサスケに次いで藤波も引退をほのめかしているらしい。横浜アリーナではリング復帰を示唆していたらしいが、今度は転じて引退宣言か。前にも言ったように、俺は藤波に憧れてプロレスファンになったんだ。平成3年3月に藤波がリック・フレアを破り、一時的にNWA世界ヘビー級王者となった時にはマジで嬉しかった。逆にWCWの陰謀でタイトルを取り上げられてしまった時にはマジで悔しかった。だからもう一度考え直してほしい。そうは言っても藤波には優柔不断なところがあるからな。

今回の宿題:何でもいいから藤波に対して不満をぶつけよ

回答

何がドラゴン・ロケットだ。トペ・スイシーダを日本で初めて披露したのは、力道山ジュニアこと百田光浩(現ノア)だ。いくらダサくても百田をなめるなよ。

トップへ戻る

(23) リストラ反対

結構役に立ってるぞ
最近東スポやその他の雑誌で、ストーカー市川がリストラ候補に挙がっているとの話題が出ているが、闘龍門ジャパンは本気でそのようなことを考えているのだろうか。ほかにお笑い系のレスラーが何人も誕生し、存在そのものが薄くなってきたからというのが原因らしい。当の市川は高山に弟子入りすることも考慮しているとか。みちのくのつぼ原人なら素顔に戻れば活躍の場はあるだろうが(素顔のつぼは地味だが実力派レスラー)、市川ではそうはいくまい。冗談であってくれればいいのだが。ファンとして(?)署名運動をやらないか!いねーか、そんなやつは!俺はさびしいぞー!

トップへ戻る

(22) 闘龍門とゼロワン

業界一の団体
今日コンビニで『EX taishu』なる雑誌を立ち読みしていたら、闘龍門に関する記事が載っていた。現在米国のWWEに参戦中のウルティモ・ドラゴンも団体旗揚げ時には再起不能とまで言われていて、看板選手が闘えない団体などうまくいくはずがないと酷評されていた。それが逆境を乗り切り、業界一の団体にまでなったのだから驚くばかりだ。先日の後楽園大会では2,300人以上入ったそうだ。それにしてもストーカー市川の電撃入籍のことは知らなかった。まあ、どうでもいいことだけど。

土曜日の夕方にゼロワンの中継をやっていたのを知らなかった。後楽園ホールを埋め尽くしてしまうのだから、橋本は蝶野、長州よりもやり手だ。選手層も悪くない(外国人選手含め)。メーンは橋本と田中将人との一騎打ちだったが、田中も随分成長したものだと思う。10年前にFMWの興行を観に行った時には、彼は本名の正人でまだ2試合目に出場していた。因みにその日の1試合目は忘れもしない五所川原呉作の試合だった。やつはその後、何をトチ狂ったのかタイで性転換手術を受けたが・・・。

それにしてもゼロワン中継でコメンテータを務めている藤木というフリー・ライター。俺はやつが羨ましい。やつはゼロワンのほか、GAORAの闘龍門でもコメンテータを務めている。そちらの方はスタジオからの実況だが、いつもレスラーと接しているわけだしな。

トップへ戻る

(21) 朝青龍のバックドロップ

さっさと転向しろ
今日の東スポに書いてあったのだが、高見盛が朝青龍のバックドロップで重傷を負ったらしい。俺は相撲はあまり見ないので、その時の様子については分からないが、本人は引退後にプロレス入りを狙っているのだろうか。もしそうだとしたらリングネームは『ブルー・ドラゴン』なのか。 昨夜、最近行なわれたサスケと大仁田のデスマッチの映像を見た。あれでは格闘技というよりむしろショーだな。

トップへ戻る

(20) 深夜のプロレス

ちょうどいい時間帯
先日の深夜、魔がさして新日本の試合を観たのだが、やはりつまらなかった。坂口CEOを復帰させたり、サップを招聘したりと話題づくりには余念がないが、試合そのものがつまらなければ元も子もない。新日本という団体はプロレス界の巨人軍のようなもの。よそで育った選手を利用しているだけ。ホーガンは新日育ちだと言いたいのかもしれないが、藤波社長が何と言おうが、かつてほどのカリスマ性はない。同時刻にフジテレビで中国(台湾?)の女子プロレスの映像が流れていたが、そちらの方が面白かった。

今回の宿題:またまたズバリ、復帰してほしいレスラーは?

回答

平成9年1月の東京ドーム大会に出場したゴールド・ライガー。金本浩二を猛虎原爆固めで一蹴したのだが、それ以来姿を現さない。こいつの正体はどこのどいつだったのか。足が短かったところを見ると、ライガー本人だったという推測も成り立つが。

トップへ戻る

(19) 楽太郎

うらやましいぞ
何の気なしに今週号の『週刊新潮』を見ていたら、かの三遊亭楽太郎が闘龍門の理事長であるということが分かった。ずいぶん前から放送席の後ろで熱く観戦する楽太郎を見て、内心「どうしていつもそんないい席に座っているのだ」と嫉妬していた。それに2年前に後楽園に観戦に行った時、楽太郎がタイトルマッチの宣言を行なっていた。全日本の試合もよく観戦するそうだ。以前「笑点」の中で「私の友人でプロレスラーの天龍源一郎さんが・・・」などと言っていたことがあった。

今回の宿題:盛り上げたい団体は?

回答

今ひとつ盛り上がらない観客動員が少なK-DOJOを盛り上げてみたい。選手の質がいいだけに、団体としては発展性がある。しかしあのGMがいるかぎり俺の出番はなさそうだ。TAKAみちのくは最近全日本のリングにも上がっているが、米国メジャー団体で活躍していただけに実力的には申し分のないレスラーだ。但し顔に凄みがないが。

トップへ戻る

(18) 東スポのバカネタ

復帰してほしいか?
東スポを読んでいると、日本がいかに平和な国であるかということが分かろうというものだ。社会面では広末の休学の問題を取り上げ(社会の動向には何ら関係ない)、さらに11面では「ハナ毛の伸びが異常に早そうな女性タレント」のランキングが載っている(因みに1位は上戸彩)。他に復帰してほしいレスラーと復帰してほしくないレスラーのランキングを載せていた。復帰してほしいレスラーの第1位は北尾。ついでながら彼は復帰してほしくない方にも名を連ねていた。前田、船木等のUWF系レスラーも復帰してほしいと思われているらしい。そういえば剛龍馬もファンから惜しまれているようだ。

今回の宿題:ズバリ、復帰してほしいレスラーと復帰してほしくないレスラーは?

回答

復帰してほしいレスラーは、ウルトラセブン(あっ、まだ現役か)。復帰してほしくないレスラーはマイティ井上。大した理由はないが、やつのサマーソルト・ドロップはかなり格好悪かったから(というより柔道の前受身と見た目が変わらなかった)。

トップへ戻る

(17) サスケ

東スポのバカ記者
先日の東スポの一面に大仁田によってほとんど覆面を剥がされたサスケの写真が載っていた。「レスラー人生初、サスケの素顔」などと謳っていたが、果たして東スポの記者はプロレスを知っているのだろうか。もともとサスケは「MASAみちのく」のリングネームでユニバーサル・プロレスなる団体で素顔デビューしていたのだ。因みに当時の入場テーマ曲は「みちのく一人旅」だったそうだ。この選曲で勢いがつくとは思えないが。余計なお世話か。

トップへ戻る

(16) フグ田家のなぞなぞ

プロレス以外にも知っておくべきことがある。

今回の宿題:フグ田家について知るところを述べよ

回答

タラちゃんは左利きである(たまにはプロレスネタじゃなくてもいいじゃないか。何も思いつかなかったんだから)

トップへ戻る

(15) マスカラス兄弟

関節技が主流?
先程20年以上前のマスカラス兄弟の試合の映像を見た。ジャンボ鶴田対マスカラス、馬場、鶴田組対マスカラス兄弟等の試合があった。今のプロレスと比べると当時のプロレスは驚くほど速度がなく、過激さもないが、つい見入ってしまった。今以上に伝わるものがあるということか。一般的にメキシコのプロレスというと、空中殺法が主流であるように思われているが、実はそうではなく、ジャーベ(スペイン語で「鍵」を意味する)と呼ばれる関節系の技も少なくない。実際、マスカラス兄弟も様々な関節技を使っていた。

心霊番組に出演していたハヤブサは果たして復帰できるのであろうか。かつてサスケもライガーも、再起不能に近いような状態から復帰を果たしているが。

トップへ戻る

(14) プロレス時事問題

プロレスラーの消息
最近元テレビ朝日のプロデューサが、あちこちで猪木をこき下ろしているようだ。金に汚いということはもっぱらの評判だったが、次から次へとプロレスファンでも知らなかった過去が暴かれるのにはいささか驚いている。猪木と馬場の一戦が実現しかけていたとか、ジャンボ鶴田が新日本に引き抜かれかけていたとか。猪木にとって鶴田が魅力のある選手だったとは、意外な気もする。それにしても生まれて初めての選挙で、スポーツ平和党(猪木が党首だった)に投票した俺は単なるバカか。

先日の東スポにストロング小林の近況が載っていた。青梅の家で妻と平和に暮らしているとのこと。野球選手は引退後に解説者になったり、コーチになったりするが、レスラーは引退後の消息が分からなくなってしまう場合が多い。ポイズン澤田JULIEはどこへ行ってしまったのか(まだ引退してないか)。みちのくプロレスの新社長に新崎人生が就任した。果たして団体のカラーは変わるのか。 WWEの覆面レスラー、レイ・ミステリオがいけてると思っているのは俺だけか。

今回の宿題:新団体を旗揚げするとしたら、まず誰を引き抜きたい?

回答

えっべさん(いつも笑顔を絶やさないから)

トップへ戻る

(13) ある特定のレスラーに、できれば使ってほしくない技といえば?

永源のつば吐き
本人はあれでいいと思っているのだろうか。若い頃の永源(新日本時代)はそれなりに強いレスラーだったぞ。後にストロング・マシンとなる平田に勝った試合を生で観たこともある(だからどうだっていうんだ)。しかし試合前にサインをねだるファンを拒んでいるのも見た。試合前にサインを求めるのはマナーに反するなどと主張するレスラーも少なくないようだが、俺の知る限りあまり気にしないレスラーもけっこういる。たとえば新崎人生は試合前でも無言でサインをしてくれる。

トップへ戻る

(12) このレスラーのこの技は誰にも真似できないと思ったものは?

安田も頑張っていたが
ビル・ロビンソンの人間風車(ダブルアーム・スープレックス)。ブリッジをきかせ、相手が受身できないような角度でマットに叩きつけるあの技は、もう二度と見られないのだろうか。それと百田光雄の逆さ押さえ込み。気合をいれてから掛けるほどの技であろうか。あそこまで格好の悪いことは誰もしたくないであろう。

トップへ戻る

(11) 最近のプロレス界で気になることは?

藤波、川田、冬木
ウルティモ・ドラゴンが我が物顔でドラゴン・スリーパーを使っていること(どうでもいいけど)。

トップへ戻る

(10) ばかばかしさにあ然とした入場テーマ曲は?

ポール・モーリアか
セッド・ジニアスの『オリーブの首飾り』も捨て難いが愚乱・浪花の『かに道楽』を挙げておこう。本人はあのスタイルをどう思っているのだろうか。
一昨年にみちのくに登場した徳島ラーメンマスクはどこへ行ってしまったのか。誰か知らないか?いい動きをしていたんだけどなー。たしか『徳島ラーメンたべたいか』という歌が入場テーマ曲だったと思う。

トップへ戻る

(9) 海外武者修業先はどこを選ぶ?

メキシコだと思ったら大間違い
俺は近眼だから空中殺法ができない。したがって米国テキサス州だ。あのスタン・ハンセンもテキサス州出身で近眼だ。

トップへ戻る

(8) おいおい、魔界倶楽部に入るのかよ

どんな立ち位置?
かつてWWFやパンクラスで活躍していたケン・シャムロック、猪木祭りにも出ていたイズマイウが星野率いる魔界倶楽部にはいるんだってよ。まじかな。何やらせるんだよう。(星野勘太郎は2010年に死去)

トップへ戻る

(7) 史上最悪の覆面レスラーは誰だ

自分はこう思う
怪覆面GK。数年前まで大日本のマットにあがっていた。正体は間違いなくグレート小鹿。ばれているにもかかわらず「俺は小鹿じゃない。目元が似ているように見えるのは目の錯覚だ」とほざいていた。無論、ふたりが同時に現れるのは物理的に不可能で、覆面着用時の小鹿はインタビューに対してブロークンな英語で乗り切ろうとしていた。涙。

トップへ戻る

(6) ジャーマン・スープレックスが必殺技でなくなった原因

自分はこう思う
元国際軍団の寺西勇と言いたいが、実際には藤波社長だ。忘れもしない昭和58年4月3日、蔵前国技館。WWFインターナショナルヘビー級にて長州が藤波のジャーマン・スープレックスを返している。この瞬間にジャーマン神話は崩れたといえるだろう。

トップへ戻る

(5) 新日史上最もダサいと思われるレスラーは誰だ

自分はこう思う
日本人ではザ・コブラ。正体は言わずと知れたジョージ高野。覆面がちゃちだったし、空中殺法の際もよくミスを犯していた(という記憶がある)。外国人ではエル・ポラコ。1982年夏頃来日した、知る人ぞ知るメキシコ人レスラー。初代タイガーマスクとシングルで対戦したとき、タイガーマスクが両腕を取って猛虎原爆固めの体勢に入っただけでギブ・アップしてしまった。そのことは当時ファンの間で語り草となった(俺の周りだけかもしれないが)。

トップへ戻る

(4) かっちょ悪い瞬間について

承知の上か?
マイティ井上(引退)のサマーソルト・ドロップは格好悪かったと思いません? それと若かりし頃の大仁田のジャーマン・スープレックスも格好悪かった。ブリッジがうまくできず、自分の肩をつけてしまい、ダブルフォールなんていうこともあったな。 他に格好悪いわざと言えば、セッド・ジニアスのオリジナル・ホールドのスパイン・ブリーカー・オブ・ジニアス。あとはストーカー市川の浣腸攻撃。どうでもいいけど。本人が格好悪いのを承知でやっているのなら。

トップへ戻る

(3) 初代タイガーマスクの偉大さについて語る

華のあるプロレス技
ある東スポ関係者に「プロレスファンは記憶とともに歩むが、そのせいで視野が狭くなっているのではないか」と言われカッとなったことがある。尊敬されるレスラーが多数いたことは間違いないのだ。ばかものめ。俺はしつこいんだよ!てめえのことは忘れねえよ。

初代タイガーマスクは、いまどき数多くのレスラーが用いている技の原型を編み出している。DDT、フランケンシュタイナーも原型となるような技はタイガーマスクが20年も前に使っている。当時は子供だましと醒めた目で見ていたが、自分が知る限り彼は史上最高のレスラーだと思う。実際に強いかどうかはともかくビジュアル系プロレスの創始者であることには違いない。タイガーマスクとしては米国、素顔の佐山サトルとしてはメキシコ、イギリスで大いに認められていたのだ。俺の記憶が確かならば、日本で初めてムーンサルト・プレスを披露したのは、初代タイガーマスクである。少なくとも日本人レスラーでは、タイガーマスク以前にあの技を使ったのはいないと思う。その後は武藤をはじめ、小橋、天山、その他もろもろのレスラーたちがムーンサルト・プレスを使っているが、タイガーマスクのそれと比べると、いずれも角度の面で劣る。現役レスラーの中で最もムーンサルト・プレスに長けているのは、カレーマンだと思うが・・・

それからタイガー・スープレックスを完成させたのも、初代タイガーマスクの功績のひとつといえる。元々オースイ・スープレックスと呼ばれる原型の技があったのだが、スープレックスとは名ばかりで、単なる固め技の一種である。もちろんジャーマン・スープレックスの使い手としても初代タイガーマスクが一流であったことは言うまでもない。あるプロレス関係者は、アントニオ猪木がストロング小林戦で見せたジャーマン・スープレックスは最高のものだったと評価しているが。 かつて上田馬之助が同じ技でも猪木にかけられると格別に効く、という意味のことを言っていたが、同じ技でも初代タイガーマスクのひとつひとつの技は、他のレスラーのものより華麗だった。四代目タイガーマスクもいい線いっているとは思うが。

トップへ戻る

(2) 第2回プロレス能力検定2級問題(入場テーマ曲)

次のレスラーの入場テーマ曲を書きなさい
(1) 三沢光晴 (2) 谷津嘉章 (3) 大仁田厚 (4) ストーカー市川 (5) ウルティモ・ドラゴン

回答

(1)スパルタンX
(2)バック・トゥ・ザ・フューチャー (3)ワイルド・シング
(4)ウィリアム・テル序曲(『オレたちひょうきん族』を彷彿とさせる。やはりやつはブラック・デビルか) p.s. おさかな天国も正答(一度使ったことがあるので)
(5)セパラードス(ルイス・ミゲルの曲。復帰おめでとう!)

トップへ戻る

(1) 第1回プロレス能力検定2級問題(外国人レスラー編)

次のニックネームを持つ(持っていた)レスラーの名前を書きなさい(外国人レスラー)
(1) 流星仮面 (2) ミズーリの狂犬 (3) 南海の黒豹 (4) 現代のガリバー旅行記 (5) 魅惑のスパイス

回答

(1)マスクド・スーパースター(マスクマンに変身した後も素顔時代の得意技を使い続けたために正体がばれてしまった。現在は養護学校の教師をしているらしい
(2)ディック・マードック(日本では全日、新日、FMWのマットに上がった。酒豪としても有名で、新日マットで活躍していた頃、上田馬之助と二人でビールを50本も開けたとか。いずれにしろ近寄りがたい人間であったことは確かだ。下着、靴下の類は一週間くらい換えなかったという逸話もある)
(3)リッキー・スティームボード(半分日本人なんだって? 母親は京都出身らしい)
(4)アンドレ・ザ・ジャイアント(ニックネームというより、古館アナ特有の表現なんだけど)
(5)カレーマン(外見はともかく実力は一流だと思う)

トップへ戻る